2022年11月24日

飯塚幸三受刑者、拘置所でトイレに行く際、手すりがないため転倒、流血 終いにおむつで対応 まるで拷問…泣き崩れ、打ちのめされる家族

1 名前:Stargazer ★2022/11/24(木) 16:21:48.51ID:D9rIOfob9
キャプチャ家族が事件や事故に「巻き込まれる」ことをイメージする人はいるが、「加害者」になることまで想像する人は少ないであろう。しかし、あなたの大切な家族が他人の命を奪ってしまい、ある日突然、加害者家族になることは、特殊な人々だけが経験することではなく、日常に潜むリスクなのだ。

ここでは、2000件以上の加害者家族支援を行ってきた阿部恭子氏の著書『 家族が誰かを殺しても 』(イースト・プレス)から一部を抜粋。2019年4月19日に「東池袋自動車暴走死傷事故」を引き起こした飯塚幸三受刑者(91)の受刑生活を紹介する。(全2回の1回目/ 2回目 に続く)

◆◆◆

拘置所側も先例がない高齢者90歳の収監

幸三が東京拘置所に収監されてから数日後、妻の下には夫から手紙が届いていた。

「あまりに悲惨な状況に、母は泣き崩れてしまって……」

長男も、手紙の内容に衝撃を受けていた。

車椅子がなければ歩けない状態になった幸三は、拘置所内でトイレに行こうとした際、転倒してしまい頭に怪我をしてしまったのだ。トイレは血だらけになり、拘置所内の規則として「始末書」を書かなければならなかったのだという。

拘置所側も先例がなく、対応に窮したようだった。壁に緩衝材として発泡スチロールを張り、転倒で怪我をしないよう応急措置を施した。

刑事施設にはてすりがない。杖も武器になるので使えないため、歩くことが困難な幸三にとっては、トイレに行くことが過酷な試練となっていた。終いには、おむつで対応しなければならなかった。

房の中には椅子がなく、壁に寄りかかっていなければならない。就寝時間以外に横になってはならず、まるで拷問である。

90歳(取材当時)の足の不自由な老人にはあまりに過酷な状況に、家族は打ちのめされていた。

収監から1週間後、私は東京拘置所での長男の面会に同行することになった。

「まさか、人生でこのような場所に来るとは想像もできませんでした」

(略)

https://news.yahoo.co.jp/articles/92ce22476420829d3971dfe32a407f14fc0c76f7
続きを読む
posted by dqnseibai at 20:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

【カタールW杯】本田圭佑、解説でも「本田△」続出 次々的中で日本ファン騒然「予知能力半端ないね」

1 名前:愛の戦士 ★2022/11/24(木) 10:47:39.42ID:d0utyMAV9
ケイスケホンダTHE ANSWER 11/24(木) 6:53

カタールW杯、本田はABEMAで解説
サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、E組の日本は強豪ドイツに2-1で逆転勝ちし、番狂わせを起こした。ABEMAで解説した元日本代表の本田圭佑がは、話した内容が次々と実際の試合で展開。ツイッターでは「本田の解説」がトレンド入りするなど話題になり、プレーしていないのに「本田△」のお決まりワードが続出した。

本田の言葉が注目を浴びた。試合中の解説では、前半にPKを献上する前に「どうやって守備を修正するか、それにエネルギーを使わないと、守れても解決にならないです」と指摘。ゴールを奪われた後は「切り替えましょう、これは仕方ない。でも(守備を)どう改善するかに思考を巡らせたい」と話した。

状況打開へ「僕やったら…(守備を)5枚気味にする」と守備のシステム変更を提案。カンボジア代表の実質的な監督兼GMとして経験もあり「森保さんの指示待ちなところもある」と語った。ツイッター上では、日本のフォーメーションギャップを修正すること、三笘薫を前線で相手DFズーレと勝負させること、堂安律を入れて三笘を生かすことなどを指摘した。

これらを解説した後、森保一監督が堂安や三笘を投入するなど実際にピッチ上で起きた。ツイッター上のファンは「かなり的を得てる」「予知能力半端ないね」「解説マジで面白かったす」「これからももっと本田さんの解説が聞きたいです」「痺れました」と称賛の声が続々。本田もファンのツイートに「たまたま当たっちゃったね」と返信した。

W杯で得点を決めてきたレジェンド。過去の大会では、「本田さんカッケー」をもじった「本田△(さんかっけい)」がバズワードとなっていた。今回の解説にも、ファンから「本田△の解説デビューは100点だよ」「本田△の解説面白かった!」「本田△すげーやー」「本田△の解説ほんとおもしろかったよ!!!」とお決まりのフレーズが続出していた。

THE ANSWER編集部
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/c4af65a42484d9b0b14d2534fc7bdc318d39adc6&preview=auto
続きを読む
posted by dqnseibai at 15:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

【静岡】ラーメン店で強盗事件 食事後に店員にひざ蹴りして逃走「何で払わないといけないんだ!」

1 名前:シャチ ★:2022/11/23(水) 11:09:11.14 ID:Ba4L0URy9
WS00001422日夜、静岡県富士市にあるラーメン店で男が飲食代を支払わず逃走しました。男は店員に暴行を加えた上「何で払わないといけないんだ」などと叫んでいたということです。

22日午後9時頃、富士市加島町にあるラーメン店で、飲食を済ませた男が代金を支払わず、店の外に立ち去りました。

気付いて声をかけた男性店員に対し、男は膝蹴りなどの暴行を加え「何で払わないといけないんだ」などと叫んだということです。

男性店員にケガはありませんでした。

警察によりますと、男は50代とみられ、黒い短髪で細身、紫色のパーカーに白のズボン、眼鏡を身に付けていたということです。

男の飲食代は約2500円、ラーメン1杯に唐揚げ、瓶ビール2本で、店からは徒歩で立ち去りました。

警察は、強盗事件として店の防犯カメラを調べるなど、逃げた男の行方を追っています。

テレビ静岡

https://news.yahoo.co.jp/articles/b8a175693813376c41495284d06bf838d70bd0ac
続きを読む
posted by dqnseibai at 00:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

2022年11月22日

「働かないおじさん」を守る解雇規制 「割を食うのは次世代の若者だ」 弁護士が警鐘

1 名前:ぐれ ★2022/11/21(月) 20:22:55.93ID:Gc3zGNwu9
WS000014※11/21(月) 10:18配信
弁護士ドットコムニュース

年功序列で給与やポジションが上がっているにもかかわらず、それにみあった働きをしない「働かないおじさん」問題がこの数年、たびたび指摘されるようになった。

退職金の積み増しなどで退職を促す「早期退職制度」や、ある一定の年次に達すると、部長などの役職からおりる「役職定年制度」など、企業はあの手この手で中高年の処遇見直しを急いでいる。

70歳までの就業機会確保が努力義務となる時代を迎え、中高年の学び直し「リスキリング」が流行ワードにもなっているが、そもそも「働かないおじさん」であったとしても滅多にはクビにはならない、日本の解雇規制についてどう考えればいいのだろうか。

使用者側で人事労務問題に取り組む岡芹健夫弁護士は「横並びと安定が大好きな日本では、今のままだと、次世代の若者たちが割を食うことになってしまう」と語る。詳しく聞いた。

●判例をもとに形成されてきた

続きは↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/b306a00e8fb9633b81b33a5aea6bc16d55f7c4cf
続きを読む
posted by dqnseibai at 20:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

【ゲーム業界】 スクウェア・エニックスが『ポートピア連続殺人事件』の商標を新たに出願―そのほか『PARANORMASIGHT』なる商標も

1 名前:朝一から閉店までφ ★:2022/11/22(火) 07:06:27.69ID:n9LYiak59
WS00001411月10日に出願が行われ、21日に公開されました。

ニュース ゲーム業界 2022.11.21 Mon 12:44

スクウェア・エニックスが『PARANORMASIGHT』『THE PORTOPIA SERIAL MURDER CASE(ポートピア連続殺人事件)』の商標を2022年11月10日に出願していたことが明らかになりました。

これは特許庁が発行する公開商標広報により確認でき、『PARANORMASIGHT』は出願番号2022128871、『THE PORTOPIA SERIAL MURDER CASE』は出願番号2022128962となっています。

両方とも区分は第9類(機械器具)や第28類(おもちゃ)などとなっており、業務用テレビゲーム機用ソフトウェア、業務用テレビゲーム機用プログラム、コンピュータゲーム用ソフトウェア、バーチャルリアリティゲーム用ソフトウェアの他、数多くの分野での商標出願が行われています。

『ポートピア連続殺人事件』は、後に『ドラゴンクエスト』を開発する堀井雄二氏と中村光一氏が開発した推理アドベンチャーで、
ファミリーコンピュータでは1985年(昭和60年)11月29日に発売されていました。なお、日本語の『ポートピア連続殺人事件』の商標出願は1985年10月31日に行われています。

この出願によって『PARANORMASIGHT』『THE PORTOPIA SERIAL MURDER CASE』にどのような動きがあるかは明らかになっていませんが、今後のスクウェア・エニックスからの情報発信が待たれます。

※UPDATE(2022/11/21 14:55):見出しと本文内での『PARANORMASIGHT』の誤字を修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。

https://www.gamespark.jp/article/2022/11/21/124611.html
続きを読む
posted by dqnseibai at 14:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする