2022年11月03日

失明の高校生「警察の謝罪遅い。不安で毎日つらかった」

1 名前:ラ ケブラーダ(埼玉県) [CO]:2022/11/03(木) 11:31:46.31 ID:0zVb2iGo0
■失明の高校生「不安で毎日つらかった…」 沖縄県警、事件から9カ月たって謝罪 深刻な二次被害も
WS000010沖縄市宮里の路上でバイクに乗った高校生が警察官の暴行を受けて失明した事件で、沖縄県警は2日、県警本部の一室に記者を集めた「説明会(レク)」を開き、「被害者やご家族をはじめ県民の皆さまに深くおわび申し上げる」と謝罪した。発生から9カ月以上たって初めてされた謝罪に、

高校生は「警察からの謝罪は遅いと感じた。巡査をしっかりと捜査してくれるのだろうかと、不安な気持ちで過ごす毎日がつらかった」と振り返った。

【写真】「早く謝れ」深夜の沖縄署を包囲した300人以上の若者たち

「説明会」は、警務部首席監察官の山内敏雄氏が記者団の質問に答える形で進行した。「本来なら(正式な)記者会見を開くべきではないか」との問いには明言を避けた。

山内氏は「警棒を持ってバイクを止めようとする行為自体が不適切な職務執行だった。指導教養を徹底する」などと謝罪。記者から「警棒を持って止めようとしたのが不適切な職務執行だと分かった時点で、すぐに高校生に謝罪するべきだったのではないか」と問われると、「捜査結果の説明と合わせて謝罪するのが、県警の誠意ある姿勢と判断した」と釈明した。

また巡査が高校生の体のどこの部分をつかんだのか、警棒がどう衝突したかについては、那覇地検の今後の捜査に支障が出るとして明らかにしなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/72778c07a158ed68da83b94eefd64dcbc2ea4db8
続きを読む
posted by dqnseibai at 16:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする