2022年08月02日

中国の空母2隻が出航 台湾の空港に“爆破予告”

1 名前:お断り ★:2022/08/02(火) 21:19:49.85 ID:QMG8aW+j9
dfb0e_1641_1c757598_0ab6c606

【速報】中国の空母2隻が出航 台湾の空港に“爆破予告”
アメリカのペロシ下院議長が2日夜にも台湾を訪問すると報じられるなか、台湾メディアは中国の2隻の空母が出航したと伝えました。

台湾の複数のメディアによりますと、中国海軍の空母「遼寧」と「山東」を中心とする2つの艦隊が2日までに母港のある青島と海南島を離れたということです。

https://news.livedoor.com/article/detail/22607234/
続きを読む
posted by dqnseibai at 23:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

【沖縄】ホテルで深夜に騒いでいた少年、職質警察官にスネを蹴られ親に泣きつく「足が痛い」

1 名前:ストレプトミセス(東京都) [CA]:2022/08/02(火) 12:05:28.05 ID:UdGxmu6F0
「騒がしい」と沖縄・宮古島のホテルから通報 いら立つ警察官、職務質問した少年のすねを蹴る
DSC04180沖縄県警宮古島署に勤務する30代男性警部補が7月26日未明、宮古島市内で職務質問中に10代の少年に暴行し、内出血などのけがをさせていたことが分かった。「職務質問への反応が鈍いことにいら立って衝動的に蹴ってしまった」と話しているという。署の幹部は保護者に経緯を説明し謝罪した。

県警によると、市内のホテル従業員から「部屋の中が騒がしい」と通報があり、警部補を含む地域課所属の警察官2人が駆け付けた。ホテルの部屋には複数の10代の少年がおり、警部補は職務質問中に革靴のつま先で少年の足のすねを1回蹴ったという。

少年の保護者から「息子が足が痛いと言っている」と訴えがあり発覚した。

県警地域課の上運天清管理官は「警察署への指導を徹底し再発防止に努める。継続して調査を進めていく」とコメントした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/df42c3ded042d8a8bed079cf0b6a26871c92b030
続きを読む
posted by dqnseibai at 21:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

サル痘の症状、肛門の激痛21、男性器の壊死18、経口摂取できない咽頭炎5、失明2、急性腎障害2、心筋炎2

1 名前:セレノモナス(茸) [US]:2022/08/02(火) 12:17:14.43 ID:xeykxLgw0
virus-1患者の98%は男性間性交渉者(MSM)、人種は75%が白人、HIV感染者は41%、年齢は中央値で38歳だった。

感染ルートは95%性行為による感染と考えられている。

患者の95%に典型的な症状である発疹が現れ、73%が性器病変、41%が粘膜病変を有していた。発疹に先行する全身症状として、発熱(62%)、嗜眠(41%)、筋肉痛(31%)、頭痛(27%)などがあり、リンパ節腫脹もよく見られた(56%)。

検査を受けた377人中109人(29%)に他の性感染症の合併が見つかった。

精液を検査した32人中29人からサル痘ウイルスDNAが検出された。

曝露歴が明らかな23人について潜伏期間を調べると中央値は7日(範囲は3~20日)だった。

入院の理由は、疼痛管理(主に肛門の激痛)(21人)、軟部組織感染(18人)、経口摂取を制限する咽頭炎(5人)、眼病変(2人)、急性腎障害(2人)、心筋炎(2人)、感染制御目的(13人)であった。

死亡例は報告されていない。著者らは、さらなる流行の拡散を抑えるために、迅速な症例の特定と診断が必要だと強調している。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/popular/202208/576060.html
続きを読む
posted by dqnseibai at 16:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

「宗教上食べられない恵方巻の購入を強制された」ローソンで働く外国人ら待遇改善を申し入れ

1 名前:蚤の市 ★:2022/08/02(火) 06:33:05.12 ID:OpXSKVTG9
無理やり恵方巻を…ローソンで働く外国人ら待遇改善を申し入れ「宗教上食べられないのに強制」
6695恵方巻きやクリスマスケーキの購入を強制されるなど不当な待遇を受けたとして、ローソンで働く外国人らが1日、ローソンの本社を訪れ、待遇改善を求めて団体交渉を申し入れた。

団体交渉を求めたのは、埼玉県内で複数のローソン店舗をフランチャイズ経営する「フォレックス」(本社・越谷市)の外国人社員10人。

いずれもバングラデシュ、スリランカ、ネパールの出身で、留学生を経て正社員への登用を前提にフォレックスに契約社員として就職。数年前から埼玉県内のローソン店舗で働いていたが、商品購入を強制されたり、交通費が払われなかったりと不当な待遇にさらされているという。

商品の購入では、宗教上の戒律から食べられない物まで購入を強制されたため、購入後、廃棄した人も多い。バングラデシュ出身でヒンズー教徒のロイさんは「買わされたものはほとんど捨てていた」と話す。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/193131
続きを読む
posted by dqnseibai at 14:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする