2022年08月01日

安藤美姫、スタバの店員にブチギレ「ミルク足してって言ったら意味不明な回答が返ってきたよ…しかも語尾伸ばして話すタイプの人」

1 名前:爆笑ゴリラ ★:2022/08/01(月) 16:04:16.70 ID:CAP_USER9
安藤美姫 スタバ店員の接客に苦言「意味不明な回答が返ってきたよ…」「いい気持ちではない」
GFプロフィギュアスケーターの安藤美姫(34)が1日、自身のインスタグラムを更新。ストーリーズで、スターバックスコーヒーの接客に不満を語った。

安藤は「朝からごめんなさい」とコメントし、同店のドリンクを投稿。「いや あのね スタバ大好きだから あえて言いたい…」とし「ベンティサイズ頼んで少なかったから“もぅ少しミルク足してください”って言ったら “温めたミルクもうなくなっちゃったんですよ~~~”“エクストラホットだとこうなっちゃうんですよね~~~”って意味不明な回答が返ってきたよ… しかも語尾伸ばして話すタイプの人」と、注文時の応対について苛立ちをつづった。

続けて「いやいや いっぱいに入れてくれるのがスタバのいいところだし これだったらグランデサイズで良くないっすか??? そして逆に少ないと“お作り直します”って言ってくれるから“足すだけで大丈夫です”って言うぐらいなのに 足してもくれないスタバ初めてよ… 朝早かったからめんどくさかったんでしょうけど いい気持ちではないよね…」と、店員の対応に苦言を呈した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/592618d9f76822fe589a78aa64fadf919d9c0db6
続きを読む
posted by dqnseibai at 21:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

田口翔、YouTuberヒカルの関係する会社で雇用へ 4630万円誤振込

1 名前:Stargazer ★:2022/08/01(月) 15:48:59.70 ID:4HLrO4fx9
000693山口県阿武町の誤振り込みで、電子計算機使用詐欺の罪で起訴された田口翔被告(24)が1日正午ごろ、山口南署から保釈されました。田口被告の弁護人は、資金提供を申し出ていた“ホワイトナイト”が、Youtuberのヒカルさんだったことを明らかにし、ヒカルさんの関係する会社で雇用され、山口県内でリモートで働けるように手続きをしていると明らかにしました。

田口被告は文書でコメントを出しました。
「このたびは、私の行動で多くの方にご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。保釈後は仕事をして、借り入れたお金を少しづつ返済していこうと思います。田口翔」

報道関係者が待ち構える中、田口被告は正面玄関から出て深々と一礼し、弁護人が準備した車に乗り込みました。

田口被告は5月18日に逮捕されて以来、2か月半勾留されていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5958c6d60388e8878c0fb42bb0158926d7b6712b
続きを読む
posted by dqnseibai at 19:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

【画像】4630万円の田口翔くん 変わり果てた姿で保釈される

1 名前:シトファーガ(大阪府) [KR]:2022/08/01(月) 13:54:25.43 ID:sIR46qrA0
000263504_640

山口県の阿武町が誤って振り込んだ給付金4630万円を巡り、電子計算機使用詐欺の罪で起訴された田口翔被告が1日に保釈されました。

田口被告は代理人の弁護士を通じて「この度は、私の行動で多くの方にご迷惑をお掛けして大変申し訳ありません。保釈後は仕事をして、借り入れたお金を少しずつ返済していこうと思います」とコメントを発表しました。

https://news.livedoor.com/article/detail/22600267/
続きを読む
posted by dqnseibai at 15:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

『ごんぎつね』の読めない小学生たち…いま学校で起こっている国語力崩壊の惨状

1 名前:少考さん ★:2022/08/01(月) 00:39:45.20 ID:N8RYM1ZP9
IMG_0763-e1543205557243-655x459少年犯罪から虐待家庭、不登校、引きこもりまで、現代の子供たちが直面する様々な問題を取材してきた石井光太氏が、教育問題の最深部に迫った『ルポ 誰が国語力を殺すのか』を上梓した。いま、子供たちの〈言葉と思考力〉に何が起こっているのか?

――なぜいま〈国語力〉が問題なのでしょうか?

石井 長年、不登校や虐待の問題など、子供たちが抱えた生きづらさをめぐって、当事者や関係者に多くの話を聞いてきました。取材を通して感じたすべての子に共通する問題点は、「言葉の脆弱性」でした。

あらゆることを「ヤバイ」「エグイ」「死ね」で表現する子供たちを想像してみてください。彼らはボキャブラリーが乏しいことによって、自分の感情をうまく言語化できない、論理的な思考ができない、双方向の話し合いができない――極端な場合には、困ったことが起きた瞬間にフリーズ(思考停止)してしまうんですね。これでは、より問題がこじれ、生きづらさが増すのは明らかです。

以前はこうした実情を、〈うまくいっていない子〉に共通の課題だと認識していました。ところが数年前から、各地の公立学校に講演会や取材でうかがうことが増えるなかで、平均的なレベルとされる小・中学校、高校でも、現場の先生たちが子供たちの国語力に対して強い危機感をもっていることがわかりました。言葉によってものを考えたり、社会との関係をとらえる基本的な思考力が著しく弱い状態にあるという。

https://bunshun.jp/articles/-/55970
続きを読む
posted by dqnseibai at 14:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする