2021年11月18日

清原和博、日ハム新庄監督に不快感「イラッとしました。プロ野球100年の歴史を冒涜している」

1 名前:毒霧(風の楽園) [EG]:2021/11/18(木) 19:57:12.97 ID:wmWXuCKT0
20211108-00000042-it_nlab-000-2-view元プロ野球選手の清原和博氏(54)が2021年11月17日にユーチューブチャンネルで、日ハムの「ビッグボス」新庄剛志監督(49)に苦言を呈した。

清原氏は「僕ね、この間(新庄監督に対して)優しいコメントだしたじゃないですか」と切り出し、「会見を見る前だったんですよ。(会見を)見た瞬間にちょっとイラっとしました」とストレートに感想を口にした。

新庄監督は11月4日に札幌市内で就任会見を行い、レッドワインのスーツに身を包みサングラス姿で登場した。白シャツの襟は通常のものよりも高く、独特のファッションで就任会見に臨んだ。

清原氏は新庄監督のファッションを就任会見にはふさわしくないと感じたようで「もうちょっと(服装を)ちゃんとしてくると思ったんですよ。プロ野球の監督になったらある程度ちゃんとしてくる」と不満顔で指摘した。

新庄監督が就任以来、スポーツ紙をはじめ各メディアがビッグボスの言動に注目し、連日のように新庄監督がニュースで取り上げられている。

清原氏はインターネットでニュースを読むことを日課としていたが、新庄監督の話題があふれているため現在は見ないようにしていると明かし、新庄監督の言動に対して苦言を呈した。

「プロ野球100年の歴史があるわけですよ。(元巨人の)川上(哲治)監督から始まってね。絶対プロ野球のOBたちは口に出さないと思いますけど、みんな嫌な気分になっているのは間違いないと思います。僕らの年代までの選手までは。若い世代は分からないですよ」

https://www.j-cast.com/2021/11/18425225.html
続きを読む
posted by dqnseibai at 22:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

【画像】航空自衛隊の1日の食事メニューが少なすぎると話題に

1 名前:アトミックドロップ(SB-iPhone) [GR]:2021/11/18(木) 17:10:35.17 ID:dzUh690/0
00101

航空自衛隊横田基地@JasdfYokota

空自横田基地の栄養バランスのとれた
昨日の食事 #横田飯 を紹介します。

https://twitter.com/JasdfYokota/status/1460379224775168000
続きを読む
posted by dqnseibai at 21:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

【朗報】中国の行方不明テニス選手、生きていた 「私は元気です」とメール

1 名前:チェーン攻撃(神奈川県) [JP]:2021/11/18(木) 15:44:53.48 ID:YQGGsCPj0
中国国営メディア、消息不明の有名テニス選手のメール公開 WTAは疑念
_121594943_gettyimages-1170377718香港(CNN) 中国テニス界のスター選手、彭帥さん(35)が同国のかつての党首脳に性的関係を迫られていたと訴えた後、公の場から姿を消していることに懸念が高まる中、中国国営の中国国際テレビ(CGTN)は、自身は元気だと主張する、彭さんのものとされる電子メールを公表した。

CNNは真偽を確認できていないものの、彭さんによるものとされる電子メールはまた、張高麗(チャンカオリー)前副首相(75)による性的暴行をめぐる告発について、内容を後退させている。CGTNによる17日の報道では、このメールは女子プロテニス協会(WTA)のスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)兼会長に送信されたという。

サイモンCEOは、この電子メールが本物なのか疑念を抱いているとし、彭さんの身の安全について懸念させるものだと指摘。

https://news.yahoo.co.jp/articles/02048b03fa514516ea5159bfa62c7887e62b5f6b
続きを読む
posted by dqnseibai at 19:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

マウスの脳にイソギンチャクの遺伝子を組み込み、光ファイバーを刺し込む実験で記憶を消すことに成功 うつ病に応用も

1 名前:haru ★:2021/11/18(木) 11:23:16.87 ID:EqgzBZpd9
e7dfa3a87e4584cb26a5bb32fd7c5e28-900x506 (1)今回、京都大学の研究者たちは光とイソギンチャク由来の遺伝子を用いて、マウスの短期的な記憶にかかわった神経接続(シナプス)のみを消すことに成功しました。

このイソギンチャクに由来する遺伝子はスーパー・ノバと名付けられており「光に反応して活性酸素を放出させる」という珍しい機能を持っています。

研究者たちは早速、マウスの脳にイソギンチャクの遺伝子を組み込み、海馬と大脳皮質に光ファイバーを刺し込みました。

そしてマウスを電気ショック部屋に閉じ込めて、恐怖の記憶を植え付けます。

通常のマウスは記憶のせいで、再び電気ショック部屋に閉じ込められると恐怖のあまり身動きができなくなる「フリーズ状態」になります。

しかしイソギンチャクの遺伝子を組み込まれ光ファイバーを刺された「改造マウス」は違いました。

改造マウスも電気ショック部屋と恐怖を記憶しますが、直後に海馬を光で照らすと記憶を忘れて、再び電気ショック部屋に入れられても「フリーズ状態」にならなかったのです。

光照射によって神経接続(シナプス)の形成が解消され、恐怖の記憶を忘れてしまったのです。
https://nazology.net/archives/99966
続きを読む
posted by dqnseibai at 16:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

サポカー実験、自動ブレーキ作動せず実験台になった社長がはねられ重体 入善の販社 

1 名前:七波羅探題 ★:2021/11/18(木) 10:27:31.89 ID:fDUan7ot9
img_62ee0f6a5962b76cf3f3cef1d125a03117947811月から新型の乗用車や軽自動車への衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の搭載義務化がスタートし、各自動車メーカーが取り組みを進める中、入善町の販売会社で17日、安全運転サポート車(サポカー)機能の実験中に男性がはねられ重体となる事故が起きた。交通事故減少につなげるためサポカー普及を目指す富山県警は、22日に県内の業界団体と連携協定を結ぶ矢先の事故となり、関係者の間に動揺が広がった。

17日午後0時6分ごろ、入善町入膳の西川自販駐車場で、サポカー機能の実験中だった同社社長西川慎一さん(72)が、実験に使用していた軽自動車にはねられた。西川さんはドクターヘリで富山市の富大附属病院に運ばれたが、意識不明の重体となっている。

入善署によると、同社で扱っているサポカーの自動ブレーキ機能の実験、検証作業のため、実物大の車後部の写真をパネルに張り、同社従業員の40代男性がパネルに向かってサポカーを運転していたところ、サポカーが止まらず、パネルと一緒に裏側にいた西川さんをはねた。

事故を目撃した従業員によると、パネルは自立式となっていたが、西川さんはパネルの裏側で支えるような格好をしていたという。同署は事故原因はさまざまな可能性が考えられるとし「現時点で原因は分からず、メーカーを含め、あらゆる観点から詳しく調べる」としている。

https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/583237
続きを読む
posted by dqnseibai at 13:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする