2021年11月11日

【画像】うまるちゃん作者、平成11年(1999)にファミコンを遊んでいる設定の漫画を描いてしまう

1 名前:名無しさん必死だな:2021/11/11(木) 18:19:34.34 ID:eFmGrnT9d1111
※PS1でFF7が発売したのが平成9年(1997年)
null

連載漫画『平成少年ダン』|週刊ヤングジャンプ公式サイト
https://youngjump.jp/manga/heisei_dan/
続きを読む
posted by dqnseibai at 22:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

文科省推奨の富士通製Windowsパソコン、Wikipediaを開いただけでCPU使用率100%になってしまう

1 名前:ダイビングフットスタンプ(茸) [US]:2021/11/11(木) 17:47:48.13 ID:Xc5VC4+00
z4UQHFg

AirゆずきExtreme@intelYuzuki
【悲報】
文科省推奨の標準仕様に準拠して、子供を思って生まれたパソコン、WikipediaでCPU使用率100%

https://twitter.com/intelYuzuki/status/1457289538867392516
https://www.mext.go.jp/content/20200303-mxt_jogai02-000003278_407.pdf
続きを読む
posted by dqnseibai at 20:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

一時不停止で45分間免許も見せず車に籠城した大学生、警察が窓ガラス割り取り押さえ逮捕

1 名前:エクスプロイダー(SB-Android) [FR]:2021/11/11(木) 12:22:22.30 ID:pe0MwAP70
ddd千葉西署は10日、道交法違反(一時不停止)の疑いで千葉市美浜区、大学1年生の男(20)を現行犯逮捕した。容疑者は免許提示の要求に対し、約45分間、車にこもって拒否をしたため、同署員が運転席側後部の窓ガラスを割り取り押さえた。

逮捕容疑は同日午後4時45分ごろ、乗用車を運転し、同区高洲の信号機のない市道交差点で一時停止しなかった疑い。

同署によると、交通取り締まり中の署員が違反を確認。「一時停止したと思っていた」と容疑を否認している。(本紙、千葉日報オンラインでは実名)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ac58e656af9f1b0b32405a3557ab3d9d955f2bb
続きを読む
posted by dqnseibai at 18:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

映画「ジョーカー」の地上波放送が完全お蔵入りへ 全国でジョーカーたちが京王線ジョーカーを模倣した凶行を繰り返すため

1 名前:ネトウヨ ★:2021/11/11(木) 09:15:59.04 ID:FX5S+9PV9
京王線無差別刺傷事件の余波 映画「ジョーカー」完全お蔵入りへ
wdsg相次ぐ電車内の凶行で、テレビ界がまさかのとばっちりを受けている。服部恭太容疑者が、京王線特急の京王八王子発新宿行きの電車内で人を刺し、車内に放火したのは先月31日のこと。ハロウィンで沸く人々をあざ笑うかのような犯行に世間は騒然となった。

「走行する電車内は密室状態。逃げ惑う乗客たちでパニックになりました。特徴的だったのは、服部容疑者が映画『ジョーカー』を思わせる派手なスーツを着ていたことです。警察の取り調べに対し、同容疑者はジョーカーへのあこがれを口にしています」とは捜査関係者。

2019年に公開された米映画「ジョーカー」は「バットマン」シリーズに登場する悪役ジョーカーをベースにしたオリジナル作品だ。精神的な問題や貧困に苦しむ主人公は、コメディアンを目指すものの、自分の意思に関係なく突然笑い出してしまう病気を患い、やがて常軌を逸していく。

「ジョーカーを演じたのは名優ホアキン・フェニックス。世界中で大ヒットし、この作品でホアキンは米アカデミー賞主演男優賞を受賞したばかりか、同作は世界三大映画祭の一つ、ベネチア国際映画祭の最高賞の金獅子賞を受賞しています」(映画関係者)

https://news.livedoor.com/article/detail/21174306/
続きを読む
posted by dqnseibai at 15:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

瀬戸内寂聴さん死去 99歳

1 名前:Anonymous ★:2021/11/11(木) 12:55:15.84 ID:CAP_USER9
img_bb3cff93b7a43df542f38c7173fbbfb91789361「夏の終(おわ)り」「美は乱調にあり」など、情熱的な愛と生を綴った小説や、法話などの活動で知られる作家で僧侶の瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう、本名晴美=はるみ)氏が死去した。99歳。

徳島市の神仏具商の二女に生まれ、東京女子大在学中に結婚。卒業後、夫の赴任先の北京に渡るが、夫の教え子と恋に落ち、3歳の娘を残して家を出た。離婚後、少女小説や童話で生計を立てる。

1957年「女子大生・曲(チュイ)愛(アイ)玲(リン)」で新潮社同人雑誌賞を受賞。「花芯」が酷評されて失意の歳月を送るが、61年の伝記小説「田村俊子」で再起。「かの子撩乱」や「美は乱調にあり」など優れた評伝小説を相次いで発表し、63年、2人の男の間で揺れる女の性と心理を綴った「夏の終り」で女流文学賞を受賞して、作家としての地位を築いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b02f1d51ed2096bdef0924ae96cfa0f367d491f7
続きを読む
posted by dqnseibai at 14:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする