2021年01月21日

ロシアで「デスノート」「いぬやしき」などのアニメ配信禁止 暴力的なシーンを再現する恐れ

1 名前:◆mZB81pkM/el0 (庭) [ニダ]:2021/01/21(木) 14:34:28.92 ID:pr3JSvjP0
87840ロシアの裁判所が「DEATH NOTE」「いぬやしき」「東京喰種トーキョーグール」といった日本の一部のアニメ作品をインターネット上で配信することを禁止しました。

ロシアのサンクトペテルブルクにあるコルピンスキー地方裁判所が、「10代の若者たちがアニメの中で描かれる暴力的なシーンを再現する恐れがある」として、2021年1月20日(水)に「DEATH NOTE」「いぬやしき」「東京喰種トーキョーグール」の3作品をインターネット上で配信することを禁止しました。

具体的には、2つのウェブサイト上で「DEATH NOTE」および「いぬやしき」を配信することが禁止され、1つのウェブサイト上で「東京喰種トーキョーグール」を配信することが禁止されるとととなりました。裁判所側はこの決定について、「配信が禁止された作品では、すべてのエピソードで残虐行為や殺人、暴力的な内容が含まれています」と説明しています。

ロシアの国営通信社であるRIAノーボスチも、「裁判所は禁止リストに登録されたウェブサイトで、該当アニメの配信を禁止した」と報じており、ロシアでサービスを運営するすべての配信サービス上で該当作品の配信が禁止されることとなったというわけではない模様。

なお、ロシアでは2020年12月に「NARUTO -ナルト-」「エルフェンリート」「異種族レビュアーズ」のネット配信禁止を求める訴えも起こっており、今後さらに多くの日本アニメが禁止されていく可能性があります。

https://gigazine.net/amp/20210121-russia-bans-japan-animes
続きを読む
posted by dqnseibai at 23:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

キンコン西野「日本人は値段の高い商品を“宗教だ~!”って騒ぎ、ブランドを認めない空気感がある。だから日本はブランド作れない」

1 名前:Anonymous ★:2021/01/21(木) 18:38:37.51 ID:CAP_USER9
011-1440x810【ブランドを作れない日本】by キンコン西野

日本人って、商品の付加価値が目に見えるものになっていないと、「こんなに高いのはおかしい!宗教だ?!」と騒いじゃう感じあるじゃないですか?

たとえば、A社が販売しているカバンと、同じようなカバンを、山田太郎さんが、それよりも高い値段で販売していて、その山田太郎さんのカバンが売れていた時に、外野が「宗教だ?!」「山田太郎から搾取されてる?!」と言っちゃう感じ。

でも、もちろん、まったく同じものが高い値段で売れるわけがなくて、そこには山田太郎さんのストーリーが付加価値として乗っかっていて、それが、「山田太郎さんへの支援」だとか、「山田太郎さんの成果物を持っている俺」に繋がっているわけじゃないですか。

それこそがまさに「ブランド」の正体だと思うのですが……そこを認めない空気感が日本中に漂っていて、その結果、ほぼ原価でしか商品売れない空気になっている。

一方で、顔を知らない外国人のブランドは歓迎していて、「GUCCI」とかに対して「宗教だ?!」とかは言わない。そりゃ、日本は安くなるわけで。。

その変なノリをやめない限り、「人口が減り続けている中、薄利多売競争に参加させられる」という地獄絵図が展開されるわけで、これは、コロナとかまったく関係のない問題だと思っています。

で、因果応報ですが、「ストーリー」などの《目に見えない付加価値》を叩いて追い出してしまったら最期、自分が安さ勝負で追い込まれた時に、「目に見えない付加価値」を提供できなくなってしまうので、ここは本当に気をつけた方がいいと思います。

https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12651572908.html
続きを読む
posted by dqnseibai at 21:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする