2020年12月11日

【日置5人殺害】 「許されんぞ!」死刑判決を受けた被告、検察側に飛びかかり大暴れ 全員外に出される

1 名前:ばーど ★:2020/12/11(金) 18:05:00.71 ID:RSVz0Roy9
a1f4c_1110_20201211-171307-1-00042018年、鹿児島県日置市で5人を殺害したとされる男の裁判で、鹿児島地裁は11日、死刑判決を言い渡しました。

2018年、鹿児島県日置市で父親や祖母ら5人を殺害したとして殺人などの罪に問われた岩倉知広被告(41)の裁判員裁判。鹿児島地裁の岩田光生裁判長は、裁判の中で争われた被告の妄想性障害の程度については「軽微」であるとして、死刑判決を言い渡しました。

岩倉被告は、死刑の判決が言い渡された瞬間は落ち着いていましたが、10秒ほどたったあと検察側に飛び掛かり、「許されんぞ」という声をあげて暴れました。

法廷は遺族の「やめて」という叫び声が飛び交うなど騒然とし、全員外に出される中で閉廷となりました。

弁護側は即日控訴しました。

https://news.livedoor.com/article/detail/19365306/
続きを読む
posted by dqnseibai at 22:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

【菅首相】 「皆さん、こんにちは。ガースーです」

1 名前:影のたけし軍団 ★:2020/12/11(金) 16:24:55.49 ID:LmNQdWsl9
03507

「皆さん、こんにちは。ガースーです」。

菅義偉首相は11日、インターネットで生中継された番組に首相官邸から出演し、愛称で自己紹介した。

日本学術会議の任命拒否や官僚への人事権駆使など「強権的」なイメージが付きまとう首相だが、親しみやすさをアピールする狙いがあるようだ。

首相は就任前の自民党総裁選候補によるネット討論会でも、自身のニックネームについて「ガースー、公認ですよ。嫌な気なんて全然しない」と発言していた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121100892&g=pol
続きを読む
posted by dqnseibai at 19:15| Comment(0) | おバカなニュース | 更新情報をチェックする

女さん「デートで鳥貴族につれてかれた挙げ句、ドヤ顔でおごられた 速攻で別れてやった」

1 名前:シリウス(東京都) [US]:2020/12/10(木) 20:45:20.55 ID:aXy3nT8C0
shutterstock_683009692-770x514-770x514デートの場所 鳥貴族に連れて行く男性はアリ?ナシ?

デート当日、私はうきうきしていました。
そして少し歩くと、
「じゃあ入りましょうか」
と彼が了承も取らずにずんずん進んでいったお店は、何と鳥貴族だったのです!
怒りが湧いてきたものの、どこにぶつけようもありません。

(略)

会計は彼がしてくれたことを思い出し、何とか堪えます。
(よかった。もし割り勘でって言われたら、呆れを通り越して笑ってもうてたな…セーフセーフ)

(略)

ナシと判断した私は、彼に「実際会ってみたら違うなと思った」という旨のかなりぼかした連絡だけして関係を終えました。
お店が鳥貴族でさえなければ、2回目も会っていたかもしれませんが。

https://newstoday-bd.com/love/2955
続きを読む
posted by dqnseibai at 02:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

【新型コロナ】 感染の後遺症で抜け毛が深刻 頭頂部の髪もまばらに…30代女性「外に出るのもつらい」

1 名前:シャチ ★ :2020/12/10(木) 21:08:34.00 ID:CZ7kQTIn9
00350330代半ばのAさんは、秋口に新型コロナに感染した。発症後は38度台の発熱とひどいせきが続き、肺炎所見もひどかったため入院治療を受けた。その後、呼吸器症状も改善し、ようやく職場復帰をしたところだった。

退院後は、私のクリニックで経過をみていた。せきは大きく息を吸い込んだりした時に出るくらいで、だいぶ改善した。嗅覚は半分くらい戻ってきたという。甘い、塩辛いはわかるが、コーヒーの香りなどは、はっきりしないようだ。

体のあちこちに湿疹もできているが、Aさんが一番気にしている症状は脱毛だった。洗髪や髪をとかす時、驚くほど髪が抜ける。

コロナに感染したとわかった後の熱、せきもつらかったが、元気になると信じて入院中も必死に症状に耐え、味もわからない中、体力を取り戻すように懸命に食事もとってきた。コロナ感染は、仕事を休んでいる間、同僚に仕事量を増やすことになることへの気遣いや感染を知った周囲の恐怖や偏見などによるストレス、心労が大きい。そんな環境も受け入れながら、元気を取り戻してきたところだった。

Aさん自身、なんらかの後遺症があるかもしれないとは思っていたし、匂いが完全に戻らないのも、湿疹ができてしまうのも仕方ないと受け入れていた。しかし、脱毛は想像以上に心の負担になり、他人の目が気になって外に出るのもつらいと涙ながらに訴えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5bbf2fd64178df1c83847a8526ca7c18f6983a7f
続きを読む
posted by dqnseibai at 00:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする