2020年12月28日

ジェンダー論者「鬼滅の刃の禰豆子が竹をくわえているのは『女はしゃべるな』みたいに思える」

1 名前:muffin ★:2020/12/28(月) 17:42:03.88 ID:CAP_USER9
neduko『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は不滅の記録と思われた『千と千尋の神隠し』を越え、日本映画の興行収入歴代1位になった。この空前の大ヒットをめぐって、さまざまな考察や論考の記事は増える一方である。朝日、毎日と言った大手紙の考察論考記事連発を皮切りに、保守系新聞『世界日報』はWEB会員限定記事で『「家族」重視の改憲派にとって「鬼滅」人気は追い風、保守紙は目を覚ませ』という記事を掲載、コンビニで見かけた『実話ナックルズGOLDミステリー』(オカルト特集増刊らしい)の表紙には「『鬼滅の刃』は人類滅亡を暗示していた!」という見出しが踊っていた。右から左まで乗っかりすぎだろう。

毎日新聞の記事『これじゃあ男もしんどくない?「鬼滅の刃」の男女観』で元サンデー毎日編集長の山田道子氏が挙げた「禰豆子は基本『助けられるヒロイン』」という指摘も疑問である。「鬼にならないように竹の口枷をくわえているのは『女はしゃべるな』みたいに私には思えるし、鬼にならないと戦えないのもなぜ?と思ってしまう」という山田道子氏の記事中の言及に至っては「あの、そもそもちゃんと読んでないですよね?」としか言いようがなく、鬼にならないように竹をくわえているのではなく、もう鬼なのである。

鬼にならずに戦っている多くの鬼殺隊の女性メンバーを完全無視で論じるのもどうかと思うが、禰豆子というキャラクターは「無惨様に傷つけられて被害者となったことにより、鬼殺隊のような超絶訓練なしで鬼と戦う鬼パワーを手に入れた」という、被害者デビルマンみたいな優れたキャラクター性がポイントの「戦うヒロイン」である。

竹筒をくわえているのは「女はしゃべるな」という意味ではなく、被害者となり自分の言葉を失った禰豆子が人間性を回復し言葉を取り戻していくプロセスがこの作品のテーマの根幹にあるからであって、これは『千と千尋』の主人公・千尋が湯婆婆に「千尋」という名前を奪われそして取り戻す構造によく似ている。
 (一部抜粋)
https://bunshun.jp/articles/-/42370
続きを読む
posted by dqnseibai at 22:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

死去した羽田議員 新型コロナ陽性

1 名前:アリス ★:2020/12/28(月) 17:47:28.07 ID:rxzv5w139
C5BBvYu

27日に死去した立憲民主党の羽田雄一郎氏(参院県区)の事務所は28日、羽田氏が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と確認されたと明らかにした。
https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2020122800405
続きを読む
posted by dqnseibai at 19:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

立憲・羽田雄一郎氏、数日前から風邪の症状、新型コロナのPCR検査を受ける予定だったが、病院到着前に容態が急変し死亡

1 名前:天照大御神 ★:2020/12/27(日) 21:54:45.84 ID:5xQKOdf49
JFZJina

羽田雄一郎氏 死去
元国土交通相 53歳 県区参院議員5期目

https://www.shinmai.co.jp/pdf/docs/2020122701.pdf

立憲民主党の羽田雄一郎参院議員(県区)が27日、東京都内の病院で死去した。53歳。関係者によると、数日前から具合が悪くなり、この日に新型コロナウイルスのPCR検査を受ける予定だった。
(以下ソースで)

https://www.shinmai.co.jp/pdf/docs/2020122701.pdf
続きを読む
posted by dqnseibai at 00:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

ファミマの「お母さん食堂」に異議 女子高校生がオンライン署名を呼びかけ

1 名前:紅まどんな ★:2020/12/27(日) 12:49:52.97 ID:jCsQF+je9
20180911famiry特段「共働き」と言うまでもなく、両親が働くことがごく普通になっている昨今だが、それでも食事の支度は“お母さん”というイメージはなかなか固定的であるようだ。兵庫、京都、岡山の女子高校生が、ファミリーマートの「お母さん食堂」というブランド名に素朴な疑問を抱き、この名前を変えたい、とオンライン署名を呼びかけている。

署名活動に協力しているガールスカウト日本連盟(東京)によると、この高校生たちは2019年夏、同連盟のジェンダー平等について考えるプログラムに参加したのを機に、性別によって役割を決めつけることがない社会をつくるための活動を開始。商品名が人の意識に与える固定観念への影響が大きいと考え、この署名活動をスタートした。

「お母さん食堂」という名前は、誰もが「料理をするのはお母さん」という印象を与え、女性=家事・育児という固定観念を払拭する妨げになっている。今は男性も家事育児をする人が増えているのに、これでは男女双方にとって生きやすい社会にならない、というのが活動の理由だ。署名の目標は1万人。オンライン署名は12月31日まで。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0ca59f4cfd03aadeacbe019e6282189aa9ccaeec
続きを読む
posted by dqnseibai at 21:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする