2020年10月15日

コロナ感染から回復した大学生ら、陰性半年後も発熱・息切れ・倦怠感が治らず

1 名前:首都圏の虎 ★:2020/10/15(木) 00:19:01.11 ID:SkWwTRYq9
tjeF1lg新型コロナウイルスの感染者が回復し、陰性となった後も息切れや倦怠(けんたい)感などを訴える事例が国内外で相次いでいる。症状は重症化のリスクが低いとされる若い世代にも。後遺症との見方もあるが、原因など詳しいことはわかっていない。厚生労働省が実態調査に乗り出している。

「持病もない20代の自分が、これほど苦しむとは思わなかった」。約半年にわたり、発熱や息切れ、倦怠感などに苦しんできた千葉県内の男子大学生(21)はこう振り返る。

大学生は4月上旬にコロナの感染が判明。40度以上の高熱や激しい胸の痛みがあり、保健所に相談したが、PCR検査を受けるまでに約1週間、入院までさらに約3週間かかった。

検査で陰性となり退院したものの、不調が続き、5月に再び約1週間入院した。8月までは毎日のように37・5度程度の発熱や寝込むほどの倦怠感が続き、大学を休学して自宅療養を余儀なくされた。今月に入り、ようやく症状が治まり、大学でオンライン授業を受け始めている。

大学生は「痛み止めの薬だけで自然に回復するのを待つしかなかった。今も苦しむ人のためにも長期化の原因を解明し、治療方法を確立してほしい」と訴える。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12213-826129/
続きを読む
posted by dqnseibai at 23:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

【動画】「降りてこいや」あおり運転し威嚇…被害者「車2台に挟み撃ちされ5人に囲まれ...死を覚悟した」

1 名前:ばーど ★:2020/10/15(木) 17:38:56.22 ID:tsoYQpMq9
hqdefault (2)愛知県岡崎市の県道で記録されたドライブレコーダーに、あおり運転の映像が映っていました。そして、あおり運転を受けた後にはさらなる恐怖が。運転手は「あまりの理不尽な行為に、死を覚悟した」と語っています。

12日の未明に、愛知県岡崎市の県道で記録されたドライブレコーダーの映像。片側一車線を進む車の右手から一瞬、黒い車が先頭部分をのぞかせます。この時すでに運転手の男性は異変を感じていました。

「ハイビームされたり、めちゃくちゃ近くにつけられたり横付けされたりした。」(運転していた人)

あおり運転だったのです。なんとか逃げようと思ったものの、今度は黄色のセンターラインを越えて追い抜いていきました。すると行く手をふさぐ様に急停車します。そして赤い服を着た若い男が運転席から勢いよく飛び出してきました。

「殺されてもおかしくないなと、死を若干覚悟したような感じではありますね。」(運転していた人)

行く手をふさがれた男性は身の危険を感じ、バックして逃げ道を探しますが…。実はこの時、後ろにも仲間のものとみられる車がいて、合わせて5人に取り囲まれていたと言います。

「うしろにもう一台の車があって挟み撃ちされていた、逃げ場もなくその場に停止した」(運転していた男性)

さらに…。

「ドアノブをガチャガチャとされて、窓ガラスも叩かれて”降りてこいや”と言われた。」(運転していた人)

威嚇行為が続いたため警察に通報したところ、男らは、その場を去ったといいます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b82ab14c3372a5e696e2ae5ab46eb171197d5e4f
続きを読む
posted by dqnseibai at 22:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

【画像】セブンイレブンのサンドイッチが超えちゃいけないラインを超えてると話題に

1 名前:うずぴー(アメリカ合衆国) [CN]:2020/10/15(木) 14:09:07.52 ID:VLJjmqxh0
画像
WS003355

kou(17)@kou17
セブンだけはこんな事しないと思ってたのに……

https://twitter.com/kou17/status/1315447135865769985
続きを読む
posted by dqnseibai at 19:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

【動画】 ハイキング中にピューマに襲われた男性、放送禁止用語を連発してしまう

1 名前:ドンペンくん(東京都) [SG]:2020/10/14(水) 10:43:30.08 ID:5vrC9O6S0
03353アメリカ・ユタ州で、ハイキング中の男性が約6分間に渡ってピューマに追跡されるという恐怖の体験をした。追跡されたカイル・バージェスさんは「もう終わりかと思いました」とInstagramに投稿している。

バージェスさんは10月10日夕方5時頃、ユタ州プロボに近いスレートキャニオン公園でハイキングをしていた。途中、バージェスさんはピューマの子どもに遭遇。「最初、ボブキャットかと思いましたが、それはピューマの子どもでした。母親は、私を気に入らなかったようです」と説明する。

母ピューマは、歩いていたバージェスさんに向かって猛スピードで突進してきた。突然の出来事に慌てふためき、恐怖を感じたバージェスさん。必死にピューマの母親から離れようとしながら「向こうへ行ってくれ」と叫んだり、「いい子だから」と懇願したり、「ガォ~ッ」と唸り声をあげたりした。

「近寄らないから」「あっちへ行ってくれ!子どもたちのところへ戻って」と叫ぶ声も動画には記録されている。


動画
https://youtu.be/9Pg2CDCm34w
怒ったピューマに、ハイキング中の男性が6分間追跡される。「もう終わりかと思った」
https://m.huffingtonpost.jp/entry/6-minute-cougar-chase_jp_5f8534c7c5b6e6d033a6edff
続きを読む
posted by dqnseibai at 00:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする