2020年08月20日

【炎上】 フジ安藤優子アナ猛烈バッシング 熱中症リポーターに生中継強制

1 名前:バクテロイデス(埼玉県) [MA]:2020/08/20(木) 13:01:12.21 ID:AFXlbcXi0
goody1フジテレビの安藤優子アナウンサー(61歳)に対し、日本中から猛烈なバッシングの声があがっている。炎天下のなか生中継をしていた同局の豊田綾子ディレクターが熱中症らしき症状が出ているにもかかわらず、有無を言わせず地生中継を続行させたのだ。

問題視されているのは2020年8月19日(水曜日)に生放送されたフジテレビの報道バラエティ番組「直撃LIVEグッディ!」。番組では猛暑を伝えるため、京都府の渡月橋から生中継を実行。現地の豊田綾子ディレクターが現地からレポートしていたが、当初から彼女に異変が生じていた。

豊田綾子ディレクターはスタジオからのコメントに対してうまく返答することができず、立ってはいるものの「何をすればよいのか考えが回らない状態」となっていた。

自身の危険な状態を理解したのか、豊田綾子ディレクターは「なんだっけな……」「熱すぎて頭がボケッとしているんです」「すみません(スタジオに)お返ししておきますね」とスタジオにカメラを戻した。しかし問題はここからだ。

豊田綾子ディレクターによると、渡月橋の気温は40.1度で、あまりにも高温な状況だったようだ。豊田綾子ディレクターが熱中症になる恐れがありながらも、断れない状況で生中継を続けさせようとした安藤優子アナに、多くの人たちが怒りの声を寄せている状況だ。この件に関してエンタメ関係者は以下のように語る。

「どの局にも厳しめの根性論的なタイプの人はいますが、フジは特にそれが強いと感じます。かつて露木さんがテレビに出まくっていた時代も、生放送中に他のアナに厳しく接したり叱咤するシーンが何度もありました。

それって、飲食店で店主が大声でアルバイトを叱るようなもので、客としては不快感しかありません。それと同様の事をしているわけです」

https://buzz-plus.com/article/2020/08/20/fuji-television-goody-ando-news/
続きを読む
posted by dqnseibai at 23:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

学内で全裸男が女を追い回し池で泳ぐも九州大学は放置→池に浮かぶ全裸男の遺体見つかる

1 名前:ばーど ★:2020/08/20(木) 13:37:18.62 ID:eBnwdYqO9
5(1)19日午前8時ごろ、福岡市西区の九州大学伊都キャンパスのため池で「人が浮いている」と警備員から110番があった。全裸であおむけに浮かんでいる男性の遺体が見つかり、目立った外傷はなかった。周辺では14~16日に全裸の不審者が目撃されており、西署は関連を調べ、身元の確認を急いでいる。

ため池は九大の「生物多様性保全ゾーン」にある。西署によると、14日午前10時ごろ、大学院生の女性(22)が研究のため車で訪れた際、全裸の男性に追いかけられ、研究室の助教に相談していた。15日と17日には女性らから西署に「大学側が何もしてくれない」と相談があり、男性が全裸で泳ぐ姿も複数回目撃されていた。【大坪菜々美】

https://mainichi.jp/articles/20200820/k00/00m/040/039000c

九州大学のため池で腐敗した遺体発見
https://news.yahoo.co.jp/articles/9dd6adb5e8775efd959e8eb0317ba93a4f464084
続きを読む
posted by dqnseibai at 20:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

吉村知事、イソジン発言批判に「じゃあ他に取り得る“策”ってあるんですか?何もしないことはコロナにおいてリスク」

1 名前:potato ★:2020/08/19(水) 22:20:11.11 ID:hoQujxuj9
20200819-00000135-dal-000-1-view大阪府の吉村洋文知事が19日夕、新型コロナウイルス対策本部会議後に大阪府庁で会見。波紋を広げたポビドンヨードを含むうがい薬の効果について、改めて「今でも僕は感染拡大の(に対する)一つの武器になるという強い思いを持ってます」と述べた。

吉村氏は今月4日の記者会見で、新型コロナ対策としてポビドン-を含む市販のうがい薬を示し、発熱者や接待を伴う飲食店関係者らに20日ごろまで使用してみるよう、呼び掛けていた。

ポビドン-を推奨した立場から、「どんな成果があったか?どう分析している?」と質問された吉村氏は、「うがい薬について、予防薬でもありません、治療薬でもありません」と改めて説明。「でも僕は、感染拡大の一つの武器になる、という強い思いを持っています」と変わらぬ信念を訴えた。

現在は「第2次研究」の段階にあるとし、「現在、ポビドンヨードのうがい薬を継続しましょう、とか言うつもりはありません」とした。一方で、「このうがい薬については、僕は痛烈に批判されて、袋叩き受けてますんでね」と悔しそうな表情を浮かべ、「でもここでそれ(効果など)について言っても、いろんな人から『混乱を招く』とか言われるので、意見は差し控えたい」とコメント。続けて「でも、感染拡大の一つの武器になる、と今でも僕は思ってます」と繰り返した。

ポビドン-に関しては、まだまだ言いたりないようで、自ら「じゃあ、ほかに取り得る“策”ってあるんですか?何もしないことがコロナにおいてリスクなんだ、と僕は思ってます」「いろんな可能性のチャレンジやらなきゃいけない」と熱くなった。

大阪府のポビドン-研究は、ホテル療養の感染者41人が対象で、(1)ポピドン-を使ったうがいをした人 (2)そうでない人…の分類で、水うがいなどの検査対象も実施していなかったことなどから、専門家からは科学的根拠が薄いとの批判が上がった。吉村氏は翌5日に「予防薬でも治療薬でもない」と改めて説明するに至った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200819-00000135-dal-ent
続きを読む
posted by dqnseibai at 03:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする