2020年08月17日

「Amazonプライム解約運動」がトレンド入り→クレーマーに300円のお詫びクーポン発送

1 名前:ブルーベリーフラペチーノうどん ★:2020/08/17(月) 18:35:46.07 ID:gae6aAFq9
p45557741414a4f4c682e6a7067現在「#Amazonプライム解約運動」というハッシュタグがトレンドに上がっています。AmazonのCMに三浦瑠麗さんを起用したことに反対し「解約しよう!」と“一部の人々”が騒いでいるようです。

昨年も似たような騒動が巻き怒りました。

2019年1月、NGT48山口真帆さん暴行事件を取り上げた「ワイドナショー」(フジテレビ)では、松本人志氏が騒動を扱った番組内の雰囲気を変えようとしたためか、指原莉乃氏に対し「それはお得意の体を使って何とかするとか」と発言しました。

この発言内容は狙いとは裏腹にセクハラ発言と受け取られ一大炎上騒動となってしまったのですが、同騒動と同時多発的に発生していたのがインターネット通販大手Amazonでの広告騒動でした。

Amazonが独自制作する動画の中でも松本人志氏がプロデュースする動画は人気が高いため、Amazonを開くたびに松本人志氏の登場する広告が多く表示されていたのですが、これに対し「見たくない」「あと100円多く払ってもいいから表示しないようにしてくれ」「不快」といった声が相次ぎAmazon側も動き出すことに……。

このAmazon側の驚きの対応が、クレームを送ってきたユーザーに対し300円のお詫びクーポンを送るというものでした。

そのためSNS上には『「松本人志を表示しない方法を教えて」ってヘルプ(カスタマーサービス)に送ってほしい』との声が出されることとなり、試したものからは続々と300円お詫びクーポンが登録されたとの報告が寄せられることに。

以下ソースにて

https://www.excite.co.jp/news/article/Tablo_tablo_28854/
続きを読む
posted by dqnseibai at 23:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

鎌倉の海水浴場にパリピが船で侵入 動画が公開され大炎上

1 名前:ゲマティモナス(埼玉県) [MA]:2020/08/17(月) 18:02:32.10 ID:TobLMaa10
S003191絶対に許されない無法者が出現し、多くの人たちが怒りに震えている。神奈川県鎌倉市の由比ヶ浜ビーチに突如として現れた船が、岸スレスレに航行し、多くの海水浴客が危険な状態に陥った動画が公開され、炎上しているのである。

・海水浴客が泳いでいるなかに船で突っ込んでいく
問題視されているのは、由比ヶ浜ビーチで撮影された動画だ。そこには、たくさんの海水浴客が泳いでいるなかに船で突っ込んでいき、岸スレスレに航行するようすが記録されていた。

・無法者たちはパーティーピーポーか
船に乗っている複数の無法者たちはパーティーピーポーのように船上でくつろいでおり、映画「タイタニック」のワンシーンのように船首に立ち、あたかも「私は女神よ!」と言わんばかりに自分に酔っているような女性の姿も目視で確認できた。

https://buzz-plus.com/article/2020/08/17/unforgivable-kamakura-news/
続きを読む
posted by dqnseibai at 21:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

Huaweiスマホ、過去機種もAndroidアップデート不可へ

1 名前:雷 ★:2020/08/17(月) 14:23:01.44 ID:2DP1RXfS9
huawei-mate-20-x-5g-2米商務省によるファーウェイおよび関連企業に対する事実上の禁輸措置が課されてから1年以上が経過しました。それによりファーウェイの新機種にGoogleサービスを搭載できなくなりましたが、一時的一般許可証(TGL)の有効期限が繰り返し延長されることで、同社のGoogleサービス搭載済みAndroid製品はアップデート可能であり続けていました。

しかし13日(米現地時間、以下同)にTGLが期限切れとなり、今後は従来製品もアップデートできなくなる可能性があると報じられています。

米商務省は2019年5月、ファーウェイおよび68の関連会社を、米企業が政府の許可なく取引を禁じられる「エンティティーリスト」へと正式に追加。その直後にTGLを発行したことで、ファーウェイによる既存の通信ネットワーク維持や、発売済みのスマートフォン向けにソフトウェア更新が引き続き可能となっていました。

上記のように延長が重ねられたTGLですが、5月に米商務省は「Expected Final 90-Day Extension(おそらく最後の90日間の延長)」と付け添えて8月13日まで延長。そして8月14日に何の声明もなく、米The Washington Post紙には商務省からライセンスの有効期限が切れているとの声明が送られてきたとのことです。

商務省は電子メールで、同ライセンスは「ファーウェイ製品のユーザーや通信プロバイダが代替サプライヤーへの移行を急ぐ一方で、一時的にそれらデバイスや既存のネットワークを運用し続ける機会」を提供していたと述べています。ファーウェイ製品の使用禁止という最終目標は揺るがず、そのための猶予期間は十分用意したと示唆しているもようです。

かたやGoogleの広報担当者も、同社がこれまでアップデート配信を許可したのはTGLに基づいていたと回答。それ以上のコメントは拒否しています。

https://japanese.engadget.com/huawei-google-023052987.html
続きを読む
posted by dqnseibai at 20:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする