2020年08月02日

「30年前は使い捨てのプラスチック包装などなかった」 グリーンピース・ジャパン城野氏

1 名前:雷 ★:2020/08/02(日) 19:51:16.18 ID:T/Ngl98x9
d644385d-gp0stp7vd_medium_res_with_credit_lineグリーンピース・ジャパンの城野氏は、顧客の方からレジ袋はいらないと明言すれば、企業も従来の販売の手法を変えていくだろうと予測する。また米や豆類を顧客の持参する容器に合わせて量り売りするスーパーマーケットに言及しつつ、過去の日本の習慣を振り返ることも提案した。

「30年前は使い捨てのプラスチック包装などなかった。新聞紙で物を包み、食料品は風呂敷にくるんで持ち歩いていた。風呂敷は何度でも使うことができた」「私の家族は、調理鍋をもって豆腐屋さんに行ったものだ。その中に豆腐を入れてもらって帰ってくる。そういうことを思い出してみる必要がある」(城野氏)

2020.07.31 Fri posted at 17:00 JST
CNN

https://www.cnn.co.jp/fringe/35157505.html
続きを読む
posted by dqnseibai at 22:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

首都高湾岸線で追突事故、2人死亡…ポルシェ運転手(50)「出しすぎちゃった」

1 名前:レジオネラ(SB-Android) [US]:2020/08/02(日) 14:57:26.44 ID:Gy7iqM1i0
ポルシェに追突され、車の男女死亡…首都高湾岸線
5095e_1585_fe19ae4c0056516dccc1cb8fd3f220012日午前8時15分頃、川崎市川崎区扇島の首都高湾岸線下り線で、男女2人が乗った乗用車に後続の車が追突した。追突された車を運転していた男性と、同乗の女性が病院に搬送されたが死亡した。

神奈川県警高速隊は、後続のポルシェを運転していた東京都江戸川区南葛西、会社役員彦田嘉之容疑者(50)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、同致死に容疑を切り替えて調べている。

追突した車に乗っていた彦田容疑者の息子も腹を打撲。高速隊は、死亡した2人の身元を確認している。

現場は3車線の見通しのいい直線道路。首都高湾岸線下り線は午後1時現在、通行止めとなっている。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20200802-OYT1T50143/
続きを読む
posted by dqnseibai at 20:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

渋谷の公園に中丸見えの公衆トイレが設置 「防犯のために見えるようにした」

1 名前:エントモプラズマ(長野県) [DK]:2020/08/02(日) 07:19:33.95 ID:UX4mwFm80
外から丸見えの『理由』に納得! 新しい『公衆トイレ』が話題
jpg東京都渋谷区に、新たに設置された公衆トイレが「すごい!」と話題になっています。入るにはちょっと勇気がいる…!ドキドキする公衆トイレ

新しい公衆トイレを見かけた、大槻幸夫(@yukio)さん。大槻さんは、「なんじゃこの公衆トイレは!?」というコメントとともに写真を投稿しました。その写真がこちらです!

トイレ中が丸見えです!これでは用を足している姿を周囲の人に見られてしまいます。しかし、カギをかけると…。ガラスがくもって、中が見えなくなりました!

従来の公衆トイレでは、外から中の様子を確認できなかったため、不審者が待ち伏せていたとしても気が付けませんでした。このトイレなら中に誰もいないことが確認できて安心ですね。

【ネットの声】
・防犯対策の一環か、素晴らしい!
・入るには勇気がいるけれど、今までの薄暗い公衆トイレよりは安心かも。
・もし誤作動で透明になったらと考えてしまって、なかなかこのトイレを使う勇気は出ないな。

多くの人が安心して使えるようにと設計された、斬新なトイレ。犯罪に悪用されることのない公衆トイレがもっと増えるといいですね。

https://www.excite.co.jp/news/article/Grape_852243/
続きを読む
posted by dqnseibai at 09:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

日本の幽霊の寿命は400年と判明 「関ヶ原近辺で目撃される落ち武者の霊が激減」

1 名前:ヒアリ ★:2020/08/01(土) 20:09:17.16 ID:AFPYIvWj9
ee0de341e60425cfca7e95dfaeca80fd幽霊に寿命があるなんて、みなさん考えたことはありますか? 実は「日本の幽霊の寿命は400年と考えられる」ことを紹介するツイートが、最近話題になっています。

岐阜県の関ヶ原近辺では、「関ヶ原の戦い」で命を落とした落ち武者の霊が多く目撃されていたそうですが、20年ほど前から姿が激減しているのだそう。関ヶ原の戦いが起きたのは西暦1600年といい、激減した時期との差はまさに400年…。

リプライ欄には「道理で原始人の幽霊が見えないわけだ」「エネルギーにも寿命はあるもんな」と、見えたり感じたりしている人たちの「実感」が続々と寄せられています。

投稿したのは、大阪在住のライター・井之上みこと(@1stp_inowe)さんです。小説などにも取り組まれていて、現在はチャットノベルアプリ「TELLER」で、オカルト系ライトノベル「カタヅケ屋霊異記」を無料公開されています。

そんなオカルトに詳しい井之上さんのツイート。7月26日に投稿されると、8月1日までに11万件を超す「いいね」がついています。あらためて全文紹介するとこんな感じです。

日本の幽霊の寿命は約400年と考えられています
理由は20年ほど前から、関ヶ原近辺で多く目撃された落武者の霊が激減したこと
20年前から400年遡ると、1600年
関ヶ原の戦いがあった年です
現在目撃される霊も、服装や髪型が江戸時代の特徴を持つ霊や、開国後の戦争による戦死者が多いですよねー

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e25832638b8ba65db45d94cc65adf2d2f51a242
続きを読む
posted by dqnseibai at 00:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする