2019年07月16日

鄭斗彦元議員「不買運動に反対する。反日感情をいま掲げる時ではない!」⇒ 今日遺体で発見

1 名前:ときめきメモリアル(岐阜県) [FR]:2019/07/16(火) 17:54:34.05 ID:hlk6KvEF0
WS002145

李元大統領側近の前国会議員が遺体で発見

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭斗彦前セヌリ党(現・自由韓国党)国会議員が16日午後、ソウル市内の公園付近で遺体で見つかった。自宅に遺書を残しており、自殺とみられる。 遺書を発見した妻が警察に通報した。警察は詳しい経緯などを調べている。(略)

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190716003500882

崔碩栄 @Che_SYoung
2日前、日本のニュースにも
「不買運動に反対する。反日感情やこうしたものをいま掲げる時ではない」
との主張が紹介され話題になった鄭斗彦元議員。
今日遺体で発見

https://twitter.com/Che_SYoung/status/1151038841807081472
続きを読む
posted by dqnseibai at 22:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

ヴィーガンだった女性が出産後に完全肉食主義に:2歳の息子にも野菜を一切与えず生レバーと肉を与える

1 名前:@くコ:彡 ★:2019/07/16(火) 08:05:19.55 ID:AR6YChku9
16057846-7247895-image-a-9_1563175898936元ヴィーガンで、現在は肉食療法に移行している女性が、彼女の2歳の子にも生の脳とレバーを与えている事を明らかにした。そして子供にはいかなる野菜も与えていない。

以前はヴィーガンだったが肉食に転向したというグロリア・ザッソさんは、幼い2歳の息子にも野菜は与えず、自らの食事と同じステーキや臓物や骨髄スープといった物を与えるという誓いを守っている。

現在30歳、ミュンヘン出身のグロリアさんは、道徳的なものが理由だとしてわずか12歳で菜食主義に切り替え、全ての動物性製品を完全に排除していた。

しかし、2017年に息子のイザークさん(現在2歳)が産まれた後、突如彼女は関節の痛みやこわばりを引き起こす慢性関節リウマチ(自己免疫疾患)を患う事となった。それは生まれたばかりの息子を抱き上げる事にも、自身の歯を磨く事にも苦労するほど彼女の手と足をとても苦しめたという。

最初の頃は、彼女は完璧な健康体だと感じていたが、20代前半を過ぎると、定期的にインフルエンザ、尿路感染症、気管支炎などの病気にかかりやすくなっていったという。

医師は彼女に免疫抑制薬のメトトレキサートを含む錠剤を服用するように提案したが、専業主婦であるグロリアさんは自分の自然治癒力にかける事を決めた。

その後、彼女がどのように植物ベースの食事から肉だけを摂取する食事へと方向転換したのか説明した。

「私はたくさん調べて追求し、肉をもう一度口にすると決めました。そう考える事で自分が嫌悪感を感じても、私はとても痛い思いをしたので何でも試そうと思いました。」

そして彼女は、2018年9月から生のレバーの切り身を食べる事から始め、食事療法に肉を取り入れようと決めた。

「初めてそれを口にした時は、鼻をつまみ、本当にそれを無理やり飲み込まなくてはいけませんでした。でもその後は具合が良くなっていったんです。」

翌月、彼女は動物性の食物だけを食べ、肉食でやっていく決心をした。そして彼女の夫、ITコンサルタントのトーマス氏(30歳)と幼い息子もこの食事を取り入れた。

「今イザークとトーマスは、ほぼ私と同じようにそれを食べます。二人とも楽しんでいるように見えます。」

「もちろんですが、SNSでは私の知り合いの多くから批判はされています。特に息子のイザークに関してです。子供に野菜を与えないのは無責任だと。」

https://www.dailymail.co.uk/femail/article-7247895/Former-vegan-turned-carnivore-wont-feed-vegetables-two-year-old.html
続きを読む
posted by dqnseibai at 11:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

ラーメン屋の女性客「え、まって、なにお玉に直接口付けて味見してんの!?」

1 名前:(東京都) [US]:2019/07/15(月) 20:37:36.17
ラーメン屋でカウンター席に座ったら… 「店主の行動」に絶句した客
WS002141■お玉に直接口を付けて味見していた

投稿者は、ラーメン屋で食事をした際の出来事について打ち明ける。その店はカウンターの目の前で調理するスタイルで、調理中に店主が何度かお玉に直接口を付けて味見をしている様子を目撃した別の客が、「普通はさ、小皿に移すよね」と小声で話していたのだそう。

このことに、投稿者は「鍋なんかでも知り合いで箸を突きあうのが苦手な方も多いと思いますが、こういうのは気になりますでしょうか?」と問いかけ、投稿者自身はそれほど気にならなかったようで「味はとてもおいしかったです」ともコメントしている。

■解答欄も賛否分かれる

投稿者や他の客が目撃した光景について、トピックの解答欄も賛否分かれる結果に。

「ありえなーい。私は行きません」

「まあ感じ方は人それぞれなので否定も肯定も出来ませんが、私は気にしません」

「細かいこと言ってたら、外食はもちろん不可能、世の中の食べ物、料理などに完璧に清潔なモノなどない! ってことになりますよ」

「気にしない」という声も目立つ一方、「絶対無理」など人によっては受け入れ難い行為のようだ。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5647201
続きを読む
posted by dqnseibai at 00:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする