2019年06月23日

頭皮の上から脳のある部分に電気ショックを与えると記憶力がブーストされることが判明 外科手術は不要

1 名前:ごまカンパチ ★:2019/06/23(日) 13:05:04.38 ID:W39bp6yM9
4306147303_e41c8dff2d_z脳の活動の正体は脳細胞の間に走る電気信号であり、これまで脳に電気刺激を与えると高齢者のワーキングメモリ(作業領域)が劇的に若返ることや、夜寝ている間に脳に刺激を加えると記憶力がアップすることなどが実験により明らかになっています。学術ジャーナルMIT Press Journalsに掲載された論文によると、今回新たに「頭皮の上から電気的刺激を与えるだけで記憶力をブーストすることができる部位が発見された」とのことです。

脳のある特定の領域に電気を流すことで、記憶力を大幅に増強することができることを突き止めたのは、ロサンゼルス大学のジェシー・リスマン助教授らの研究グループです。研究グループは、平均年齢20歳の男女72名に対し、80個の単語を記憶させ、次の日に記憶した単語をどれだけ思い出せるかのテストを行いました。

記憶テストは2回に分けて実施。最初はすべての被験者に、頭の上から取り付ける電極を装着させ、「電気を流すフリ」をしました。そして、30分後に実施した2度目のテストでは、被験者を3つのグループに分けて、1つ目のグループには「ニューロンを興奮させる電気刺激」を、2つ目のグループには「ニューロンを沈静化させる電気刺激」を与え、最後のグループには対照群としてもう一度「電気を流すフリ」を行い、最初の「電流を流すフリ」から比較してどれだけ単語を思い出す能力がアップしたかを観察しました。

その結果、3つのグループすべてにおいて記憶テストの成績改善が見られましたが、スコアの伸びは「ニューロンを興奮させる電気刺激」を受けたグループで15.4ポイント、「ニューロンを沈静化させる電気刺激」を受けたグループで5ポイント、2回とも「電気を流すフリ」を受けたグループで2.6ポイントと差が開きました。

https://gigazine.net/news/20190622-brain-zapping-recall-more-memories/
続きを読む
posted by dqnseibai at 23:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

【美しいのは数百メートルだけ】日本の古都・京都のイメージと現実のギャップが海外で話題に

1 名前:ハムリンズ(光) [JP]:2019/06/23(日) 14:49:29.85 ID:OgMv7Tzk0
イメージの京都
688-5-1400x800

0019b91ecbef12db2a775a

現実の京都
d0004426_7581580

8e0a6e08

The city did grow, however. Like many cities in the 1970s, it got rid of most of the streetcars which were a convenient means of transport before automobiles crowded the streets.
Slowly buildings pushed higher and land became more expensive. The open farmland on the way to Osaka gradually filled with suburban developments.

Finally, in the late 1980s, a consortium of prominent businessmen proposed building a 20-story, 5-star hotel which would be visible from nearly anywhere in the entire valley.
The economics behind the proposal were clear: tourism was rising and people would pay whatever was charged. Kyoto was the old,
traditional center of Japan and worth any amount of money to see. A high-rise hotel would not only pay for itself, but would lead the city forward into a new, more modern era. The future beckoned and business interests responded.

Opposition to the plan was instant and united many different groups. Traditionalists object to the spoiling of the cultural foundation of a nation already overly modern. Buddhist temples objected because it would destroy the aesthetic splendor that is unique to Kyoto.
Even some business and tourism interests questioned the wisdom of a project which would detract from the sense of tradition which draws tourists to Kyoto from all over Japan and far beyond.
The debate over this project, and a similar proposal for the re-development of Kyoto station, has continued to rage through the early 1990s.
続きを読む
posted by dqnseibai at 20:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする