2019年04月06日

【動画】 撮り鉄集が通行する車に罵声・絶叫「早く行け」「死ねよゴミ!!」

1 名前:プティフランスパン ★:2019/04/06(土) 16:20:12.86 ID:04V/hC7p9
WS001950「早く、早く行け!」「死ねゴミ!!」――。列車の写真撮影を趣味とする鉄道ファン(撮り鉄)の集団が、目の前を通行した車両に激しい罵声を浴びせる動画が、ネット上で物議を醸している。

なぜ撮り鉄集団は激怒したのか。投稿された動画をみると、撮影スポットの前にある道を車が横切ったことで、目当ての列車の写真が撮れなかったらしい。その苛立ちを、車の運転手にぶつけているのだ。

現場となったのは、埼玉県の東大宮駅と蓮田駅の間にある列車撮影スポット。撮り鉄の「聖地」と呼ばれ、ファンの間では「ヒガハス」の愛称でも知られている。

今回の騒動が起きたのは、2019年4月4日のこと。現場に居合わせた複数の目撃者が、その一部始終を撮影。ツイッターに動画がアップされたため、ネット上で大きな注目を集めることになった。

動画を通じて、詳しい状況を見ていこう。まず、問題の撮り鉄集団は道路の脇に立って、目当ての列車を待っていた。位置関係としては、撮り鉄集団?道路?線路という順になる。どうやら、道路脇で咲く桜と列車を一緒に撮ろうとして、この位置でカメラを構えていたらしい。

だが、彼らの目当ての列車が通過するその瞬間、目の前の道路を1台の車が走ってくる。当初は「車止めちゃえ、止めちゃえ」などと囁き合っていたが、徐々に近づいてくると急に慌て出し、

「止まっ、止まって!」
「ストップストップストップ!!!」
と大声で呼びかける。

こうした彼らの要望も届かず、車は撮り鉄集団と列車の間を通過。先ほどの「止まって」の声が運転手に聞こえたのか、徐行するようなゆっくりとしたスピードだった。これに撮り鉄たちは、

「行け、行けよ早く行け!行けええええええ!!」
「オイ、死ねよゴミ!!オイ!!!」
「オオオオィ!オオオオィ!!」
などと絶叫。このように、車に向かって次々と激しい罵声を浴びせかけたのだ。

https://www.youtube.com/watch?v=DkAM5rJ_2r0
http://news.livedoor.com/article/detail/16276483/
続きを読む
posted by dqnseibai at 23:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

代アニが“YouTuber科”を新設「自己プロデュース方法を学ぶ」(学費 125万円/1年)

1 名前:ガーディス ★:2019/04/06(土) 09:11:49.37 ID:RYvCCfk+9
b70e5_1591_e177f0cf4d9155f05b0b37105f2157b6代々木アニメーション学院は2020年4月度より13学科を新たに設立する。エンタメ学部の「YouTuber科」もそのひとつだ。YouTuber、V-Tuber業界の現状とともに、番組企画・キャラクター企画から撮影、編集、配信までの一連の流れを学ぶことができる。

同学院広報担当者は、「YouTuber・V-Tuberはなりたい仕事ランキングの上位に食い込む職業です。その人気や時代のニーズを受け、開設に至りました」と説明する。

公式サイトによると、1年次のYouTuber育成講座で、撮影・編集・配信スキルを身に着けるほか、キャラクター設定や企画の立て方を学ぶ。さらにV-Tuberのタイプ別に演じ分けができるよう声の表現に磨きをかける。

2年次では、キャラクターのしぐさやポーズ、ダンスなどを学び立体的な動きを研究するほか、トークスキル、ボーカルとレニング、ヴァーチャルライブなども行う。同担当者は、代アニは声優コースの生徒が多いことから、

「自己表現という意味では声優もV-Tuberも通じていると考えています。声優の基礎を身に着け、それを踏まえつつ自己プロデュースや視聴者とのコミュニケーションの取り方なども学んでいきます」と語る。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16271140/
続きを読む
posted by dqnseibai at 20:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

フランスのノーベル賞物理学者、核廃棄物の処理法を発明…レーザー光線で別の原子に変換し半減期を数分に短縮

1 名前:僕らなら ★:2019/04/05(金) 22:03:35.87 ID:+MuSWDMm9
61061392018年ノーベル物理学賞を受賞したフランス人のジェラール・ムールー氏は、特別なレーザー装置を使用することによって、核廃棄物の放射能の分解期間を数千年から数分に短縮することを提案している。ブルームバーグが報じた。

ムールー氏​が提案するの​は、核廃棄物を放射性ではない新​たな原子に​瞬間的に変換する​という方法で、原子レベルでの廃棄物のこうした変換​は高精度レーザーインパルスによって行​われる。そのためにムールー氏は、​米カリフォルニア大学のプラズマ物理学者、田島俊樹教授と共同で、​極端な集中度を持つ​レーザー装置の開発に取り組んでいる。

フランスでは、ムールー氏の発表は歓迎された。有害廃棄物問題に対する包括的な解決策を持つ国は一つも存在しない。しかし、エネルギーの72%を原子力発電所が賄うフランスでは、核廃棄物量の問題は深刻で、年間の廃棄量は国民1人当たりで割った場合、ほかのどの国よりも多い2キログラムとなっている。ムールー氏がレーザー装置​の開発に成功すれば、フランスだけでなく他の国々にとっても救いとなる。

https://jp.sputniknews.com/science/201904056106183/
続きを読む
posted by dqnseibai at 03:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする