2019年02月28日

【菜食主義】 3Dプリンターでビーガン向けのビーフステーキ作成 豆や海藻などが原料

1 名前:サーバル ★:2019/02/28(木) 15:59:12.14 ID:isWfkQzW9
3Dプリンターを利用 絶対菜食主義者向けのステーキが公開
8a0ac_769_c7ba062a0e6e93f90b44fa2b4c6b3cae[28日 ロイター] - 3Dプリンターを利用し、植物由来の素材で作ったビーガン(絶対菜食主義者)向けのビーフステーキが、スペインのモバイル機器見本市で公開された。

新興企業のノバ・ミートが開発した。米や豆から取れたタンパク質と海藻を混ぜ合わせ、肉と似た質感にしたものを、3Dプリンターで肉の形に整形してから、焼き上げる。

同社は「まもなく見た目、質感、味も本物のビーフステーキにそっくりなものになるだろう」と説明。スイス食品大手ネスレのカプセル式コーヒー「ネスプレッソ」にたとえて、「肉加工品版ネスプレッソのようなものになる。当社が原料のカートリッジを供給し、顧客はプリンターを使えばいい」と述べた。

将来的には、メニューに鶏胸肉やマグロのステーキも追加する予定だという。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/16087884/
続きを読む
posted by dqnseibai at 21:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

【動画】 世界初「アンドロイド観音」 京都のお寺が1億円で開発

1 名前:窓際政策秘書改め窓際被告 ★:2019/02/23(土) 20:43:33.09 ID:EzCbUtta9
wst1902230036-p1 (2)豊臣秀吉の正室、北政所(きたのまんどころ)ねねゆかりの寺として知られる高台寺(京都市東山区)が23日、世界初というアンドロイド観音「マインダー」を報道陣に公開した。多くの人に仏教に興味を持ってもらおうと、大阪大と協力し製作した。

同寺の後藤典生(てんしょう)執事長が、旧知の世界的なロボット研究者、石黒浩・大阪大教授に「仏様を人間に近づけることができないか」と持ちかけたことがきっかけ。

マインダーは高さ約1・95メートル(台座含む)、幅約90センチ。柔和な表情をたたえる顔に対し、胴体部分は機械がむき出しになっている。

同寺の教化ホールに安置。プロジェクションマッピングで壁に映し出された人々の問いかけに答える形で、法話を行う。後藤執事長は「マインダーはアンドロイドに変身した観音様。平易な言葉で語りかける法話に耳を傾けてほしい」と話している。

3月8日?5月6日、同寺で一般公開される。

https://www.sankei.com/west/news/190223/wst1902230036-n1.html
続きを読む
posted by dqnseibai at 00:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする