2019年02月19日

おっさんが電車で痙攣→大人達総スルー→見かねた女子高生が緊急停止を押す→「ガキが押すな」「遅延すんのかよふざけんな」

1 名前:ちちちち?ん (スプッッ Sdff-kANc):2019/02/19(火) 16:11:28.34 ID:bNQXVC0Cd
WS001848
せきまゆか @sekimayuka_

おっさんが車内で痙攣しながら吐いてて「緊急停止ボタン押して下さい」って言われてもしない大多数の大人達。そして緊急停止ボタン押した私に「ガキが押すな」「遅延すんのかよふざけんな」って言ったお前らの親にお願いだから合わせてくれよ????

2019年2月18日(月) 22時26分30秒
リツイート: 499お気に入り: 2,280

https://twitter.com/sekimayuka_/status/1097487524820180993
続きを読む
posted by dqnseibai at 22:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

ドイツ政府、「昆虫保護法」制定へ 殺虫剤や夜間照明の規制など計画

1 名前:名無しさん@涙目です。(空中都市アレイネ) [US]:2019/02/18(月) 17:20:19.84 ID:XHCwnnJr0
WS001847【AFP=時事】ドイツのスベンヤ・シュルツェ(Svenja Schulze)環境相は17日付の独紙ビルト日曜版(Bild am Sonntag)で、昆虫を保護するため、殺虫剤の大幅削減や巨額の研究費拠出を盛り込んだ法律を制定する方針を明らかにした。人間の活動が昆虫の生態に及ぼす影響に対しては世界的に懸念が高まっている。

社会民主党(SPD)のシュルツェ氏は同紙に「私たち人間は昆虫を必要としている。昆虫は法律で守られてしかるべきだ」と語っている。

独DPA通信によると、シュルツェ氏が掲げる「昆虫の保護に向けた行動計画」では、昆虫保護のために年間1億ユーロ(約125億円)を拠出し、うち2500万ユーロ(約31億円)を研究に割り当てる計画だ。

さらに2050年まで道路や住宅建設のために更地をコンクリートで覆うことを禁止するほか、昆虫が方向感覚を失ってしまわないように夜間の照明も制限する。

行動計画では、連邦政府は「環境や自然が耐えられる殺虫剤散布や、昆虫が生息する場所での殺虫剤やその他の有害物質の大幅な削減」に関する規則を設けるとし、議論の的になっている除草剤成分「グリホサート」を2023年までに禁止することも盛り込んだ。グリホサートはフランスも禁止する方向だが、全面禁止の時期は決まっていない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000022-jij_afp-sctch
続きを読む
posted by dqnseibai at 03:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする