2019年01月25日

性的乱暴で5度逮捕の慶応大生ら全員不起訴 横浜地検

1 名前:どどん ★:2019/01/25(金) 19:29:07.56 ID:ehgIPU/i9
keio_main酩酊(めいてい)状態だった女子大生に乱暴したなどとして、準強制性交容疑などで計5回にわたって逮捕された慶応大2年の男子学生(22)について、横浜地検は25日、不起訴処分にしたと明らかにした。

また、共犯として逮捕されていた犯行当時少年で同大1年の男子学生(20)ら3人についても不起訴処分とした。捜査関係者によると、いずれも示談が成立したとみられるという。

慶応大2年の男子学生をめぐっては、昨年9月29日?12月25日までの間、同容疑や強制性交未遂容疑などで神奈川県警に計5回にわたって逮捕されていた。

捜査関係者によると、男性学生らは取り調べに対して「酒を飲んでおり、覚えていない」「合意があったと思う」などと供述していた一方、早い段階で示談が成立していたケースもあり、すでに釈放されていた男子学生もいたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000602-san-soci
続きを読む
posted by dqnseibai at 23:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

生活保護受給者が一斉蜂起 「国から死ねと言われている」「貯金することも厳しい」

1 名前:名無しさん@涙目です。(アンゴラ) [JP]:2019/01/25(金) 16:45:21.18 ID:SVEdHZXu0
生活保護の減額「国から死ねと言われている」、6000世帯超が不服申し立て
貯金箱-1-w960生活保護費が段階的に削減されていることへの危機感が、受給者側に広がっている。受給者の支援団体が審査請求(行政機関への不服申し立て)をするよう呼びかけたところ、1月中旬までに6000超の世帯が応じ、請求したという。

生活保護問題対策全国会議などは、引き下げの撤回や猛暑に備えた夏季加算の創設を求めている。「これ以上何を切り詰めればいいのか」「国から死ねと言われている気がする」「いつまで引き下げが続くのか」などの窮状を訴える声が、受給者から寄せられているという。

小久保哲郎弁護士は「年間に万円単位の減額となり、影響は大きい。例えば使っている家電製品が故障したら自費で修理しなければならないが、そのための貯蓄をすることも厳しくなる」と話す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00009143-bengocom-soci
続きを読む
posted by dqnseibai at 21:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする