2019年01月18日

【動画】 高校教師が生徒の顔面に右ストレート一閃 生徒の暴言にブチ切れ

1 名前:名無しさん@涙目です。(庭) [GB]:2019/01/18(金) 18:16:34.98 ID:+OrtiMB80
011 (1)1月15日、都立町田総合高校の教師が1年生の男子生徒に暴行し怪我をさせるていた。この一連の暴行行為は動画で撮影されており、SNSに動画が拡散。

教師と生徒が廊下で口論になっており、突如として教師が生徒の顔を殴打。倒れた生徒を掴み乗りかかるもそれを見ていた生徒らが止めに入った。

殴られた生徒は教師に「どう落とし前つけるんだよ」「バカじゃねーの」「脳みそねーのかよ」「小さい脳みそでよく考えろ」と暴言を吐き、それに対して怒った模様。テレビでは生徒が殴られた場面しか放送していないが、その前にこの生徒がこのように暴言を吐いていたのだ。

この動画を見た人は「先生、よくここまで我慢出来ましたね。尊敬」、「これで教師が処分されたら日本も終わりやなー」、「殴ったらあかんやろ」、「殴ってしまったら先生が悪い。逆らってくる生徒、校則違反な生徒は退学や停学にしてやればいいんだよ」という意見が投稿されている。

暴言はあったが教師が生徒を殴ったのは事実。しかし教師の暴行が無ければ生徒が暴言を吐いていた事実が拡散しなかったのも事実だ。

http://gogotsu.com/archives/47302
続きを読む
posted by dqnseibai at 23:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

野生の子熊をペットとして飼っていた男性と飼い犬2匹が骨にだけになって発見される

1 名前:名無しさん@涙目です。(庭) [ニダ]:2019/01/18(金) 09:48:28.12 ID:P5AKsBKP0●
野生の子熊を家につれて帰り育てていたロシア人男性がとんでもないことになっていた。ロシアのチェリャビンスク州オジョルスクで狩りをしていたセルゲイ(41)さん家の前で骨だけになって発見された。

セルゲイは、4年前に森の中で野生の子熊一匹を捕まえ、その子熊を犬と一緒に飼い始めた。セルゲイはクマに「メンブラー」という名前を付けてペットのように育てた。

しかし、子熊はどんどん成長し野性味を見せ、たまに主人であるセルゲイさんを攻撃するようになった。これ対して周辺の人々は「熊を避難所に送れ」と勧めたがセルゲイさんは忠告を無視した。

ある日セルゲイさんは、家族の電話にも出ず、近所の人も全く目撃しないようになった。行方不明の通報を受けた警察は、

セルゲイさんの家に行くとクマの檻の近くに刻まれた血痕と骨だけが残っている遺体を発見した。一緒に飼っていた犬の2匹も骨だけが残った状態であり、クマは檻から脱出した痕跡が残っていた。警察はセルゲイさんと犬がクマに捕まり捕食されたと見て、血痕の跡をたどって一帯を捜索してクマを見つけた。警察は現場で銃で熊を射殺した。

警察は「檻は開いていて、クマが逃げた経路にも男性の物と思われる血と骨を発見した。発見したクマは攻撃しようとした」と説明した。また「住民の安全のためにクマを射殺した。これ以上の住民に脅威にならない」と述べた。

一度人間の味を知ってしまったクマはその味を求めて人を襲ってしまうために即射殺しないといけないという。しかもセルゲイさんが飼っていたクマはヒグマでクマの中でも最も巨大で凶暴なクマ。北欧やロシアなどに多く生息する。

http://gogotsu.com/archives/47269
続きを読む
posted by dqnseibai at 21:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする