2019年01月16日

カンコー学生服、防犯ポスターに「ミニスカは性犯罪を誘発」 → 「被害者に責任負わせるのか」と炎上 → 謝罪、ポスター回収

1 名前:記憶たどり。 ★:2019/01/16(水) 05:55:34.73 ID:q5Y2/jAo9
WS001806菅公学生服は1月15日、同社の防犯啓蒙ポスターの「短いスカートによって性犯罪を誘発してしまいます」という表現がTwitterで批判を集めていることについて謝罪しました。

当該のポスターは「痴漢に気をつけて!」という呼びかけと学生服の女子生徒の下半身のイラストに、「自分が『カワイイ』と思った短いスカートによって性犯罪を誘発してしまいます」という文章が添えられていました。Twitterユーザーがポスター画像を投稿したところ、「性犯罪の被害者に責任を負わせている」と批判が集まっていました。

ポスターは菅公学生服が2012年に防犯の啓蒙活動の一環として作成したもので、複数の学校で掲示を呼びかけたといいます。同社はポスターの内容について「女性蔑視や軽視を意図するものではなく、性犯罪が生じた場合、犯罪責任はすべて加害者にあり、被害者には何も落ち度がないことを前提とした上で『防犯意識の投げかけ』をすることを目的としておりました」と説明。

しかし、「短いスカートが性犯罪を誘発」は、指摘を受けた通り被害に遭う側にも非があるとの意味と捉えられると認め、「このような表現を目にされた方々に大変ご不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。現在掲示しているポスターは回収を進めているとのこと。

「今後、配慮に欠けた表現などで生徒の皆さんや学生生活に関わる全ての皆さまにご不快な思いをさせることがないよう、いただいたご意見を真摯に受け止め再発防止に努めてまいる所存でございます」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000095-it_nlab-sci
続きを読む
posted by dqnseibai at 20:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

【韓国】 国防省関係者「日本が今後も低空飛行をすれば座視しない。われわれも低空威嚇飛行ができる」

1 名前:動物園 ★:2019/01/15(火) 19:22:31.59 ID:s8eopw6W9
WS00180515日午前、韓国国防省の定例記者会見。報道官は、レーダー照射問題をめぐって、日本を強く非難した。

韓国国防省・崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は「非常に無礼な要求であり、事実解決の意志がない、ごり押しの主張だ」、「日本が依然として非紳士的な行動をとっていることに、強く遺憾の意を表する」と述べた。

韓国国防省関係者は、あらためて、日本の自衛隊哨戒機の飛行について、「日本が今後も低空飛行をすれば座視しない。われわれも低空威嚇飛行ができる」と述べ、対抗措置を辞さない強硬姿勢を示した。こうした中、韓国の世論調査会社が14日発表した調査では、レーダー照射問題や元徴用工訴訟に対する文在寅政権の姿勢について、「より強く対応すべきだ」とする回答がおよそ46%に達し、「自制すべきだ」は、およそ13%にとどまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190115-00409790-fnn-int
続きを読む
posted by dqnseibai at 00:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする