2019年01月08日

アトラス、『十三機兵防衛圏』を3時間プレイできる体験版を発売決定

1 名前:名無しさん必死だな:2019/01/08(火) 12:29:26.24 ID:mYIhWz75d
5c331343201f3アトラスはプレイステーション4用ソフト『十三機兵防衛圏』の冒頭約3時間をプレイできる『十三機兵防衛圏 プロローグ』付きの商品4種を2019年3月14日に発売することを発表した。

『十三機兵防衛圏 プロローグ』とは?

ヴァニラウェアの神谷盛治がディレクターを務め、アトラス×ヴァニラウェアのタッグで贈るドラマチックアドベンチャー『十三機兵防衛圏』。その「13人の主人公全員の物語冒頭」を約3時間に渡りプレイ可能なプロローグです。
※『十三機兵防衛圏』本編へのセーブデータの引継ぎはございません。

■商品名:十三機兵防衛圏 Music and Art Clips(十三機兵防衛圏 プロローグ付き)
■プラットフォーム:PlayStation4
■発売日:2019年3月14日
■発売:アトラス
■価格:2,980円(税抜)

■商品名:十三機兵防衛圏 デジタルアーカイブス(十三機兵防衛圏 プロローグ付き)
■プラットフォーム:PlayStation4
■発売日:2019年3月14日
■発売:アトラス
■価格:980円(税抜)

https://s.famitsu.com/news/201901/08170256.html
続きを読む
posted by dqnseibai at 22:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

米ドラマ『24』初の日本版リメイク テレビ朝日で2020年度放送

1 名前:湛然 ★:2019/01/08(火) 05:11:16.60 ID:Jj8qeTCv9
3bb3fb6b-sアメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描き、日本でも大ブームを巻き起こした米国ドラマ『24』(邦題:『24-TWENTY FOUR-』)が、日本でリメイクされることがわかった。テレビ朝日と20世紀FOXがタッグを組み、初の日本版『24 Japan』を制作、「テレビ朝日開局60周年記念番組」として2020年度に放送される。

原作となるドラマは、1シーズン(全24話)をかけて1日24時間の出来事をリアルタイムで描くという革新的なスタイル、そしてスピーディーかつスリリングな展開で視聴者を圧倒した。世界的大ヒットシリーズとなり、日本でも最も有名な米国のテレビドラマシリーズのひとつとなった。

日本版でもフォーマットはそのままに、国際ネットワークやコンピューターの進歩、防犯システムの発展、国際情勢の激変など、オリジナル版の放送が始まった2001年から様変わりした“2020年の最新テクノロジーと世界情勢”も盛り込みながら、手に汗握る“日本初のリアルタイムサスペンス”を最大スケールで展開する。

オリジナル版のシーズン1では、のちにオバマ大統領の就任で現実となった“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写した。日本版ではテロのターゲットを女性総理大臣候補に変更し、日本初の女性総理が誕生するまでの24時間を克明に描く。また、日本版ジャック・バウアーの過去の任務は“海外での邦人人質救出”と“テロ用の化学兵器工場の爆破”に変更。日本の制度や文化に基づいて設定を適宜更新し、日本版ならではのリアルな世界観と新たな刺激を追求していく。

ジャック・バウアーに該当する捜査官は誰か演じるのか? キャスティングも気になるところ。同ドラマは、「AbemaTV(アベマティーヴィー)」や「ビデオパス」といった動画配信サービスとも連携。刺激に満ちた多角的なプロジェクト展開も期待したい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000320-oric-ent
続きを読む
posted by dqnseibai at 09:15| Comment(0) | びっくりニュース | 更新情報をチェックする

韓国軍「自衛隊機の接近で船が激しく揺れた」

1 名前:名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ]:2019/01/07(月) 20:19:28.36 ID:CV7+dtiz0
20181223-00010001-fnnprimev-000-1-view韓国の艦艇が遭難した北朝鮮の漁船を捜索する際、火器管制レーダーを海上自衛隊の哨戒機に照射したと日本が主張する問題を巡り、韓国国防部は日本側の主張に反論する映像を、すでに公開した韓国語と英語版に加え、6カ国語で同時公開する方針だ。

動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている韓国語と英語の映像の再生回数は計200万回を突破するなど、大きな関心を集めている。

複数の政府筋らによると、国防部は日本語と中国語、ロシア語、フランス語、スペイン語、アラビア語の字幕をつけた映像を7日か8日、ユーチューブに掲載する計画だ。

国防部は映像で海軍の艦艇が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射しなかったことを積極的に説明している。同部はレーダーの周波数の情報を公開するよう求めているが、日本側は応じていない。

また、哨戒機が北朝鮮船舶の捜索・救助活動中だった艦艇まで500メートルの距離まで接近し、上空150メートルで威嚇飛行をしたことも訴えている。国防部は「当時、乗組員は騒音と振動を強く感じるほど、威嚇的だった」と強調する。

国防部はレーダー問題の解決策を模索するため、日本側に国防当局による実務協議の早期開催を促している。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15836613/
続きを読む
posted by dqnseibai at 01:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする