2018年11月14日

【文春砲】「イッテQ!」手越祐也参戦の「カリフラワー祭りinタイ」にもデッチ上げ証言 日テレが謝罪

1 名前:名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ]:2018/11/14(水) 16:33:43.82 ID:Xb4ad1aE0
「イッテQ!」タイ・カリフラワー祭りにもデッチ上げ証言 日テレが謝罪
1日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」の「祭り企画」デッチ上げ問題。昨年2月12日の2時間スペシャルで放映された「カリフラワー祭りinタイ」でも同様の疑惑が浮上した。

「カリフラワー祭り」は、昨年1月14日、タイの中部・ペッチャブーン県の外れにあるサイヨン村で行なわれた。二人三脚で泥沼を駆け抜け、カリフラワー20キロを収穫するスピードを争うレースで、2月の放送では「カリフラワーの名産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」などと紹介された。「お祭り男」の宮川大輔(46)に加え、「NEWS」の手越祐也(31)も参戦。番組は22.2%の高視聴率を記録していた。

だが、サイヨン村の村長は疑問を呈する。

「テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民から『日本のテレビが来るのでラコーン・サン(短いドラマや芝居)を作りたい』と言われ、開催した。話し合いの中で去年は野菜の値段がとても安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをすることになったのです。当日は年に1度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません」

さらに「週刊文春」が現地で取材したところ、祭りの出場者には賞金や参加費などが渡され、「イッテQ!」の海外コーディネーションを担当するM社が「祭り」の運営費を負担していることなどが分かった。

http://news.livedoor.com/article/detail/15594520/
続きを読む
posted by dqnseibai at 23:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

BTSファンのTSUTAYA店員「BTSの悪口言ってる客の個人情報を扱ってて名前まで暴露できるぞ」と脅迫

1 名前:名無しさん@涙目です。(庭) [FR]:2018/11/14(水) 14:02:26.15 ID:L5dSN5pI0
1BTS(防弾少年団)のファンであるTSUTAYAのバイト店員が業務中にBTSの悪口を言っているのを聞いてしたまったようでその怒りをツイート。

Twitterに「BigHitは運営してる今回の事務所の責任で、所属アーティストに非はないとしてるね。私は今日TSUTAYAでバイト中に聞こえて来たよ。「韓国人の紅白取り消しになった男のアイドル、頭おかしい」って言ってること。ゆるさないからな」と投稿。

更に続けて「個人情報を取り扱う仕事上、名前から性癖まで暴露可能だ」と客の個人情報を暴露すると脅迫。

現在このツイートは削除されており更に非公開に変更されている。

http://gogotsu.com/archives/45152
続きを読む
posted by dqnseibai at 20:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする

【もやはホラー】 ミスタードーナツのピカチュウドーナツの出来が崩壊しすぎて先行販売中止に

1 名前:名無しさん@涙目です。(庭) [ヌコ]:2018/11/13(火) 22:42:57.67 ID:ohPBOnks0
1ミスタードーナツが期間限定で販売するピカチュウドーナツが11月9日より一部店舗で先行販売開始された。本来の発売日は11月16日でそれに先駆けてのプレ販売となる。しかし販売するやいなや、ピカチュウドーナツの出来映えにムラがあるとTwitterで拡散。

崩壊レベルとも思えるピカチュウのツイート報告が相次ぎ、ついには販売中止に。経営するダスキンはレギュレーションを満たしていなかったとして、規定外の商品にならないように各店舗に厳しく指導するという。

本来は可愛いピカチュウのドーナツを子供達に楽しんで欲しいという企画。しかし崩壊したピカチュウを見せて楽しむという別方向での盛り上がりを見せてしまっている。これはこれで注目や話題性となるのだが、ダスキンとしては新作『ポケモン』とのタイアップとのことで、株式会社ポケモンの許可を得ている以上、変な物はつくれないのだろう。

http://gogotsu.com/archives/45132
続きを読む
posted by dqnseibai at 02:15| Comment(0) | おバカなニュース | 更新情報をチェックする

「HUNTER×HUNTER」にほぼ文字だけのページが出現!「もう小説でいいよね」と話題に

1 名前:ストラト ★:2018/11/13(火) 17:47:12.20 ID:CAP_USER9
1『週刊少年ジャンプ50号』(11月12日発売)に掲載された「HUNTER×HUNTER」(冨樫義博=作)の最新話には、ほとんど文字だけのページが出現した。元々、ストーリーが複雑で文字数が比較的多い漫画ではあったが、ネットでは「とうとう絵が消滅してますけど」「冨樫さんは絵を置き去りにした」と話題になっている。

約半年の休載を経て、9月22日に連載を再開した同作。現在は、暗黒大陸に向かう船の中で、カキン帝国の次期王の座を巡って、王位継承戦が行われている。

王位継承戦では、14人の王子とその私設兵、王子に雇われたハンターのそれぞれが念能力という特殊な能力を使って戦う。最後に生き残った王子が、王位を継承するというルールだ。

誰がどのような念能力を持っているのかお互いに分からず、また自分自身の念能力を発動させる条件があることがある。そのため相手がどのように行動するのか緻密に計算し、頭脳戦の様相を呈している。

第1王子ベンジャミンの護衛・リハンは最新話で約1.5ページ・9コマに渡って、今後の行動についての思案を繰り広げた。思案の最初の方ではまだリハンの横顔が描かれていたものの、後半になると、絵も背景もなく、ただ文字だけが並べられている。

「(前略)敵の能力を知る能力、敵の能力を打ち消す能力、敵の能力を奪う能力等、私と同様相手の念能力に対抗するタイプの能力が多く発現するのは必定!手をこまねいている程リスクが高くなる…!動くなら早い方がいい(後略)」

文字だけでのコマは他のページにも複数ある。こうした表現について、ネットでは、「挿絵の多い小説」「もう小説でいいよね」といった声が上がっている。また設定があまりにも複雑なため、「漫画で頭使いたくない」「もうわかんない」といった嘆きも散見された。

http://news.livedoor.com/article/detail/15588573/
続きを読む
posted by dqnseibai at 00:15| Comment(0) | 痛いニュース | 更新情報をチェックする