2016年10月12日

長谷川豊「(透析患者を)殺せというのはスラングで、ちゃんとしろよと言いたかっただけ」

1 名前:チキン ★@\(^o^)/:2016/10/12(水) 17:13:10.40 ID:CAP_USER9.net
1ブログが原因ですべての仕事を失うことになった長谷川氏。失敗の代償は余りにも大きい。今回の騒動によって、特定の人物が表舞台から「退場」するまで執拗に攻撃を続けるネット世界の負の面も改めて浮き彫りになった。

長谷川氏はなぜ人工透析患者に関するブログ記事を書いたのか。炎上必至の過激なタイトルをあえて付けた理由は何か。そして収入ゼロに追い込まれた今、一連の騒動を振り返り、何を思うのか――。本人に直撃インタビューし、ネット炎上問題の真相に迫った。

公式ブログとテレビで今回の騒動について謝罪しました。具体的に何について謝罪したと理解すればいいのですか。

長谷川豊氏(以下、長谷川):詳しくはブログに書いている通りなのですが、人工透析を受けている患者は今、一番苦しんでいる人たちです。彼らを苦しめてはいけないのに、僕はブログの文章を全部読んだら分かるでしょというスタンスで書いてしまいました。でも微妙な問題ですから、タイトルの言葉の選び方ひとつ、もっと慎重にならなければいけませんでした。
(中略)とにかくそういう切り取られ方をされる可能性のある文言を使うべきではありませんでした。だからこれは僕の失敗です。

「そういう切り取られ方をされる可能性のある文言」とは、タイトルの「殺せ」という表現を指しているのですか。

長谷川:その通りです。あの一言ですね。もちろん、本当に殺せと思って書いたわけではありません。あくまで「殺せ」というのはスラング(俗語)で、僕としてはそれぐらいちゃんとしろよと言いたかっただけではあるんですが。
 (一部抜粋。全文はリンク先)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/101100455/
続きを読む
posted by dqnseibai at 22:40 | Comment(0) | 痛いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白バイに追われ電柱ワイヤに激突 バイク男性、上半身切断

1 名前: アルゼンチンバックブリーカー(佐賀県)@\(^o^)/:2016/10/12(水) 13:02:51.83 ID:BnhQnKZL0.net
◇神戸の国道2号 白バイ追跡された後に単車と衝突、弾みで…
112日午前8時ごろ、神戸市垂水区塩屋町1の国道2号で、同区の20代男性が運転するオートバイが電柱を支えるワイヤに衝突した。男性は即死し、衝突の弾みで切断された上半身が山陽電鉄の線路内に飛ばされた。オートバイは事故直前まで、兵庫県警長田署の白バイに追跡されていたという。

長田署によると、事故の数分前、同市長田区内の国道2号で、速度超過のオートバイを発見。停止を命じる署員の足をひいて逃走した。白バイが追いかけたが、対向車線に入るなどしたため、追跡を打ち切っていた。直後に別の単車と衝突し、男性は弾みでワイヤに突っ込んだとみられる。

この事故で、山陽電鉄は上下27本が運休するなどし、約1万人に影響した。

長田署の池田公寿副署長は「詳細は調査中だが、違反車両を停止させるため、必要な追跡行為だったと考えている」とコメントした。【矢澤秀範】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00000042-mai-soci
続きを読む
posted by dqnseibai at 19:40 | Comment(0) | びっくりニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケンタの骨で作る「キングギドラの骨格」を冷凍チキンで1万円で作って…テレビ局からの理不尽な注文に製作者悲鳴

1 名前: リバースパワースラム(兵庫県)@\(^o^)/[US]:2016/10/12(水) 01:45:12.25 ID:W6dJru+i0.net
1この人物は骨でアクセサリーや骨格を作成し販売しているというプロで、9月上旬にはケンタッキー・フライド・チキンの骨でキングギドラの骨格を復元したという画像ツイートが36,000回以上拡散し話題になっていました。これが目に留まったのかテレビ局の制作会社がこの人物に番組への協力を依頼してきたといいますが、その内容は安すぎる上に到底割に合わなかったようです。

「番組でキングギドラを制作して欲しい」
「制作過程を逆再生にしてクイズにしたい」
「ケンタではなく冷凍販売されているフライドチキンの骨で作って欲しい」
「骨に着色して欲しい」
「スカイツリーなど生き物以外も制作して欲しい」
「制作費は1万円で頼みたい」
「撮影とインタビューも込みで」

キングギドラを作成した際に用いたケンタの骨はバーレル13個以上。1万円では材料費にすらならないのが明白で、あまりに理不尽なテレビ局側からの要求にこの人物は憤りと落胆を隠そうとしていません。

14年以上、孤独な環境で習得してきた技術がわずか1万円程度の価値しかないとされたことを嘆いており、制作会社からのメールの一部を画像にしてTwitterで公開、「涙が出てくる」と語っています。

依頼してきたのは誰もが知っている有名番組や「ありえない衝撃映像」系の番組を作っている制作会社だと説明しており、ツイートを読んだ人々からは口々にマスコミの横暴とその非常識さ加減に対し怒りの声が出ているようです。10月11日の未明に流されたツイートは朝までに5,000回以上拡散しています。

http://www.buzznews.jp/?p=2103258
続きを読む
posted by dqnseibai at 06:40 | Comment(0) | 痛いニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。